マグノ残留万歳

マグノ・アウベス選手の残留が決定した。まさにトリニータサポ、ファンにとってはクリスマスプレゼントである。私は、最初っから彼の実力を認め、評価していた。スピード、上手さ、決定力。3拍子がそろっている。ファーストステージはなかなか決められなかったが、その存在能力はすごい。別格だった。

今年のトリニータのMVPがいなくなったでは、クラブの存在自体がおかしくなっしまう。また、来期の構想そのものが見えなくなる。
よかった。これほどまで愛される選手も珍しい。
トリニータサポは今日あたり酒飲んで喜んでいるだろうか。クラブを転々と渡り歩いて値を吊り上げるどこかの選手とは違う。もちろん、自分を高く評価し、必要としてくれるところに行くのが当然なのだ。それが正しい道なのだ。
大分トリニータという選択が間違っていなかったことを、我々の力で何とか証明させたいね。それは、彼にプレッシャーをかけることではない。気持ちよくプレーしてもらうよう、声援する。愛を込めて。これがトリニータ流。

熊本もJ1を目指してプロサッカーチームを立ち上げた。ロッソ熊本という名前。ロッソはイタリア語で赤。チームカラーは必然的に赤。強そう。
熊本は、福岡や鳥栖と違い、熱いし、純だから、上がってくるかもね。いつかは。
でも、大分トリニータはどんどん大きく、洗練され、強くなっていることを希望する。九州および西日本の覇権を握りたいね。来年のキャンプでの練習試合が楽しみだね。熊本はサポーターが熱くて面白いかも。まあ、本当の応援はビッグアイでしか披露できないがね。
[PR]
by worsyu | 2004-12-24 18:21 | サッカー | Comments(0)
<< 日本の借金700兆円 ビッグアイをオペラ劇場に >>