日本人は自虐大好き

特に何も書いていないわけなのだが、ここを訪れて来ている方、ありがとうございます。何の思慮もなく、エネルギーもないのですが、まあ、つぶやきですのでご勘弁願うということで、エンタとして読んでください、ね。

政府-原子力委員会はようやくレベル7を発表した。私のブログを読んでいる人、又は、大前研一氏のブログで映像や意見を聞いている人は、別に驚きはしなかっただろう。笑っちゃいます。

残念ながら、こうした意見はマスコミは伝えないし、少数意見として抹殺される。当初、事故が起きた段階で「レベル5は低すぎないか」「東電関係者や、金を貰っている御用学者の言いなりでいいのか」という意見をぶつけない時点でマスコミは既に腐っている。
幸い、日本では少数ではあっても、真実を知っている人はいる。ネットではマスコミとは違った論調で議論されているし、正確な情報ではないが、推察できる範囲で今後のパースペクティブを展開している人もいる。
マスコミは死んだと言っていいと思う。政府を叩くことで自分たちの無力さや罪をスケープゴートしているに過ぎない。

福島県の方々は本当にかわいそうである。彼らは流浪の民と化す。共同体を解散するか、移住せざるを得ない。彼らを追い込んだ原発の責任はどこに求められるのか?第一義的には東京電力だと首相は言った。それでは第2義的にはどこなのか?それは東京都及び首都圏だと思う。それから、第3義的には国、という順序なのではないだろうか?
ここで東京が出てくるのはおかしいという人もいるだろう。しかし、あの原発の恩恵を一番受けているは、福島県民ではなく、東京都を中心とした首都圏なのではないか?そうした意味では自然災害に対して国の税金をつぎ込むのはわかるが、今回の原発事故は半分人災である。
もし、この考えがおかしいというのなら、やっぱり、東京のど真ん中に原発を作ることでこの矛盾-差別は解消されるだろう。それならば、国の税金を投入して東京に原発を作れば多くの日本人は納得するのではないか?
だって、東電って東京のための電力会社なんでしょ?ってか、せめて福島県の原発被害に遭った地域の復興の支援と補償に東京都及び首都圏の各県は大幅な予算を当てて欲しい。それが人の道だよ。石原さん。新銀行東京の資金を全部使って、足りない部分は都の債券で補ってやりゃあいいじゃん。新銀行東京が初めて役に立つことになるよ。他に使い道無いし。

極論ではあるが、なぜ、こうした意見が出てこないのだろうか・・・
もうお気づきの方もいるだろうが、この問題は沖縄の米軍基地と似ているということ。
自分さえよければいいという日本人のエゴが生み出したひずみ。だったら、お前のところに作れといった無責任な意見。何もかもいっしょだ。
子供のけんかみたいなもの。それを煽って喜んで、商売にしているマスコミという構図も。
読者である大衆に受け入れられるように、政府を批判する。無責任に。国民も政府が民主的に選ばれた自分たちの代表であるということを忘れ、自虐的に非難して喜んでいる。これほど自虐趣味の国民も珍しい。
結局はここに至る。
だから、自虐的な政策をしていけばみんな納得するのだ。答えはそこにあるよ。論理を超えたものがある。だから、日本人はすごいんだよ。
[PR]
by worsyu | 2011-04-13 10:51 | 時事ネタ | Comments(0)
<< きれいごとは聞き飽きた 原発事故後の選挙 >>