「ほっ」と。キャンペーン

おばんです

クラブより東日本大震災(個人的には東北大震災)で大分県に避難された方々をホームゲームに招待するということが発表された。
大賛成である。よく言った!
まあ、無理して大分応援しなくてもいいですよ。暇つぶしに時々ぶらっと寄って日ごろのストレスが取れれば・・取れるといいですが・・まあ、祭りと思って見ていればいいですよ。

西君が去年熊本の水前寺での試合で「大分の応援すごい」と感じ、「試合中ずっと応援されていて幸せ」と思ってくれていたようで、うれしいですね。あの応援スタイルはやっぱり選手たちにとっては勇気づけられるものなんだね、と再確認。まあ、あまり型にこだわると心がなくなるので自然体が一番だろうけど。時間とともに応援スタイルも変遷していくだろう。
そういう意味でも今年のホーム開幕戦は楽しみだ。

そんな、一地方ではありますが、J2ですが、おまけに経営難でありますが、結構熱いバカどもを見るのも面白いかと・・・
一昨年、去年も、今年だってそうですが、「明日が見えない」状態が続いていますが、めげずに応援しているバカどもを見るのも一興かと・・・

せっかくだから、「大分で東北弁を少し使ってみようキャンペーン」なんか面白いんじゃないかな。
個人的には、何と言っても「おばんです」が大好き。とっても暖かい言葉と音に聞こえる。
他にもいっぱいあるけど、あまり多用しすぎると言葉が乱れるから、この「おばんです」くらいがちょうどいいかも。
相手が誰だろうと、外人だろうと、大分県人だろうと、親だろうと、使う。

魔法の言葉にしようよ。
[PR]
by worsyu | 2011-04-23 12:43 | 地域ネタ | Comments(0)
<< わくわくしない ヘッドメル・・・ >>