「ほっ」と。キャンペーン

天才キム・ヨナ

あれはいつだったかもう忘れたが、トリノオリンピックが終わった後の世界選手権あたりだったか。ここにもそう書いたはずで、覚えている人もいるかもしれないが。

「安藤は、現在はジャンプに苦しんでいるがスケート自体は悪くないのでやがて復活するだろう。でも、問題は浅田だ。彼女はこのままいくと挫折するだろう」と予言した。
あれから、もう5~6年経つが、予言は的中した。
昨日の世界フィギュア女子SPで皆さんは何を感じただろうか。
私の感想は、簡単な一言で表現すると。
安藤:媚びる
浅田:びびり
キムヨナ:どうだ

安藤は正直に言うと私は媚びるのが嫌いだ。スケート技術の向上を諦め、表現力のみに力を注いでいる。しかも、その演技力はスケートのすべりから感じるものではなく、そのほかの演出によるところが大きい。だから、見ていて、ちょっとつまらない。でもまあ、見ては居られる。
浅田は痩せすぎ、筋力が無いから不安定。たしかに痩せることでジャンプが省エネでできるかもしれないが、それだけだ。見ていて辛い。少女から大人への成長が見られない。唇を赤く塗っても大人にはなれないよ。お遊戯会のようだ。
キムヨナは、異次元のすべりを見せる。スピードとパワー、そして技のキレがすごい。見せ方も上手い。客に媚びないから気持ちいい。

確かにキムヨナはジャンプに失敗したが、それ以外の部分がすごい。悔しいけれどクィーンにふさわしいのはキムヨナだろう。優勝するかどうかは別だが。

日本のフィギュア界のレベルは高いなあ、と思うね。キムヨナは特別で、彼女に続く韓国の選手は出てこない。天才だから仕方が無い。
世界選手権とオリンピックでは、やはりオリンピックの方が権威が上だろう。そんな中で荒川静香は優勝したわけで、やはり彼女はすごいと思う。あの時の演技はすばらしかったし、感動的だった。
どんなに権威のあるコーチにすがっても最後の最後は自分自身の力だ。

キムヨナのスケートは、やはりすごいと思う。つまらんナショナリズムに囚われたら見えない世界だろうが。憎たらしいけど、認めざるを得ない。彼女は天才なのだから、金を出して観る価値がある。プロに転向した後も大丈夫だろう。
逆に浅田はこのままだと引退せざるをえないだろう。(その方が彼女のためでもある。過度な期待は彼女の人間性を壊してしまう危険すらある。)
[PR]
by worsyu | 2011-04-30 10:59 | ひまネタ | Comments(0)
<< 三原淳雄氏 経済評論家 スーちゃん最期の言葉 >>