追いついた。やっとこさ。

GWとはいえ、観客がどこまで集まるのか不安だったが、8800人。この数字は結構、ありがたい。思っていたよりも集まっていた。現状では、このあたりが精一杯か。1万の声を聞いて見たいね。FC戦あたりかな?それとも、盆休みか・・・
試合の方は現状ではベストの布陣か。
先制点は大分。三平のがんばりでこぼれた球を西が持込み、見事なシュートが決まった。中央突破。それにしても西は上手い。左足であそこまでコントロールできるのはすごいね。逆を取ったのでうまく決まった。きれいだったね。
その後、2失点。最初の1点目は、見事なミドルシュート。キーパーは取れないコースに飛んだため、無理か。これを取ったら清水すごすぎるわ。しかし、その前にシュートコースを開けてしまったDFの寄せが甘い。
2点目。DFの裏を取られるという失態。これはいけない。
後半に入り、一進一退。と言うよりも攻めあぐねた。徳島のエリゼウと三木のDFを破るのは難しく感じた。高さではエリゼウ。裏を狙っても三木の足はまだまだ速い。カバーリングが上手い。でも、時間が経てば最後にはスピードで振り切れると思っていたが・・・徳島手強し。

選手交代は納得。前俊の投入で前線のバリエーションが増えた。前俊が持てばマークされる。そこにスペースが生まれる。カバーする力がどこまで残っているかの勝負だった。
ロスタイムにようやく追いつく。最後の最後にやっと追いついた。中央突破にジョンファンが決めた。
ジョンファンは身体能力が高い。タイプで言えば岡崎だろうか。練習中のヘディングを見ても、柔らかい。しかも基本に忠実。彼に合わせられるようになればもっと点が取れるんだろうが・・・
FW陣は、ジョンファン、三平、森島、前田、それにドンミョンと、結構駒が揃っている。どういう組み合わせで行くかも楽しみだが、そんな中で先発を勝ち取れるよう、競争して欲しい。
これに西がトップ下に居る。線が細いから、ちょっと跳ね返される部分もあるが、あのドリブルは魅力だし、シュートも打てる。
試合としては、ロスタイムに追いついたことは評価できるが、それ以上にはならない。負け試合に近い。ただし、サッカーに偶然はない。必然だったのだ。その必然を起こしたのは最後まで諦めなかったこと。そして、それを信じて走ったこと。チャレンジしたこと。
ただし、その前にやるべきことをやっていればもっと違った展開になったはず。バランスが悪い。

攻める方は、何度もチャレンジするしかない。10回やれば9回跳ね返される。いや、もっと。20回で1回かも知れない。でも1回は相手もミスをする。それをいかに仕留めるか。信じなきゃ。駄目で元々。それができるかどうかが勝負の分かれ目だ。経験でそれを感知する人もいるだろう。しかし、若さで何度もチャレンジすることもできる。そこで決めることができるかどうかは普段からの練習で身体に沁みこませる。それを支える体力。そして精神力だ。
守備ではその逆のことが言える。20回やって1回のミス程度まで精度を上げる。絶対ミスは起きるということを肝に銘じること。そして、ミスをしても周りがそれをカバーすればいい。そのことを厭わないこと。これが大切。
それがサッカーなんだよ。
一流か二流かがそこで分かれる。上手い、下手は関係無いんだよ。

チャレンジすることの大切さがそこにある。
カバーすることの大切さがそこにある。

サッカーをやっている諸君は、そのことを人生においても感じ、実践して欲しい。
[PR]
by worsyu | 2011-05-06 09:43 | サッカー | Comments(0)
<< 隣人愛 三原淳雄氏 経済評論家 >>