結構気になるXデー

福岡はまた負けたようだ。磐田に4点入れられた。最後に1点返したが。
これで0勝0分7敗で勝ち点:0

今まで、J1での最低成績を調べてみると・・・・
97年。引き分けが無かった頃、Vゴールなんてのがありましたねえ。そこでなんと福岡が勝ち点19を記録している。7勝25敗。得失点差-25。
次に引き分けが導入されてからは、99年の平塚。勝ち点13。4勝25敗1分。得失点差-42 。
記憶に新しいところでは、07年の横浜FC。勝ち点16、4勝26敗4分。得失点差-47 。


福岡のXデーはいつ来るのか、対戦相手は戦々恐々だろう。まず、引き分けがいつ来るのか?そして、待望の勝利は・・・
単純に計算すると、8試合、9試合を終えて1勝できたとしたら、シーズン34試合で比率を当てはめると4勝となる。早く勝ち点を獲得することが、シーズンを通した勝ち点にもつながる。単純計算だが。それが統計というものだ。
途中で戦力補強などして急に勝ち出すということもある。しかし、それにしても、残留争いをするのに必要な勝ち点を30とするならば、9試合~10試合を終えた時点でせめて7点~8点は欲しいところだ。
それよりも、このままいくと、記録更新の可能性も出てくる。つまり、最低成績の更新。3勝しかできないということ。そして、勝ち点が12以下という不名誉な記録だ。
その記録は何としてでも避けたいというのならば、後、2試合で勝ち点3をがむしゃらになって取りに行く必要がある。なぜなら、11試合を終えて勝ち点1だったら、恐ろしい計算結果になるではないか・・・これが3ならばまだしも・・・・6ならば取り合えず記録更新の可能性は遠のく・・・得失点差で言えば-11ならば何とか記録更新は免れようが、-13以下ならば必ず記録更新する。今のハイペースはものすごいマイナスオーラを発散している。
その危機感があるのだろうか・・・

他所のことをとやかく言うのも何だが、まあ、いいではないか。隣のことは何かと気になるものだ。鳥栖はいいねえ。何だか優勝争いに加わりそうな雰囲気がある。熊本も健闘している。大分とはちょっと水を空けられた感じもする。
大分も努力して結果を残さないと、置いてけぼりを食らうぞ!!
[PR]
by worsyu | 2011-05-21 16:11 | サッカー | Comments(0)
<< 審判が目立つ試合 ステップの踏み方 >>