「ほっ」と。キャンペーン

情けない

千葉に負けると、「また負けたのか」となる。内容云々よりも結果でがっくりくる。

前半2-0。このままでは終わらない。それはわかる。しかし、余りにも取られ方が情けない。

修正のしようが無いのだろうか。勝負しているのだろうか?

セットプレイでやられる。しかも2点も。これは勝負以前の問題だ。審判が向こうについていないとしたら、こちらにやる気がないからだろう。言っちゃあ悪いがやられるのを指を咥えて見ているのと同じこと。

若さだとか、経験の無さなんて関係ないだろう。千葉のやっていることは昔から何も変わっていない。裏に上げてそこに飛び込んでいくだけ。
それを跳ね返す力がない。気概がない。PK覚悟で身体を寄せる気力がない。だからやられる。

後半、試合が終わる前10分に足が止まっていたとしたら、何のための今までの練習だったのか?今年は走り勝とうということではなかったのか?

広島-鹿島戦を見た。1-1のまま終盤へ。最後の最後、どちらに転ぶか。一進一退のようにも見えるが、私には、鹿島が勝つという目はなかった。広島が取るか、それとも引き分けるか、だった。それは、鹿島は引いていたし、広島は攻撃を仕掛けていたからだ。終盤の動きを見ると、チームの勢いの差が見て取れた。


千葉にとっても、今回の戦いはそう楽な試合ではなかっただろう。負け試合を拾って、しかも手土産までくれたようなものだ。大分が勝手に自滅してくれた。おそらく、大分は自滅とは感じていないだろうが・・・といった感想だろう。勝つには勝ったが情けない試合で、サポーターに申し訳ないと思っただろう。


現地で応援してくれたトリサポのみなさん、お疲れ様でした。そして、ありがとう。思いは絶対伝わると思うよ。ここから変われるかどうか。

もうちょっと、守備、厳しく行こうぜ!
もうちょっと、ボランチ、寄せてくれ!
[PR]
by worsyu | 2011-05-30 12:24 | サッカー | Comments(0)
<< 繋がっている 高橋が決めた >>