「ほっ」と。キャンペーン

こんなところですかね

今回の震災、原発騒動でわかったこと。

NHKは嘘でたらめの報道しかしない。大本営発表しか言わないと言うこと。(ネットの中にこそ真実がある)
中央の政治家は権謀術数で権力の奪い合いしか眼中にないということ。(昔から変わっていない。日本人特有。島国根性。井の中の蛙。だから別に何も怒りはない。そういう人たちなんだよ。揚げ足を取ることしか頭に無い。そのためのネタを仕入れようと目を皿のようにして相手を見ている。何とも異様な世界だ。)
原子力関係の御用学者はお話にならないくらいレベルが低いということ。(原子炉の構造を理解している人間は皆無)
日本人は名実ともに大国から小国へ向かうということ。(経済は縮小に向かう。信用危機。)
ここまで借金を抱えた国に、無駄に生きている人を養う力はもう無いということ。(つまり、政治家、官僚、役人、軍隊は無用の長物と化すということ。)
家(一軒家)を持ち、車を持ち(高級車)、結婚(美人と)して、子ども(高学歴)をつくることに夢が持てない時代になるということ。(むしろ、シングルライフの方が楽しい。)
国家のことを考えるよりも、個人の幸せを追求する方が楽しい時代になる。(ライフプランを考えて、もっと楽しみましょう。人生は素敵だ。借金は必要最低限度に抑えて。)
[PR]
by worsyu | 2011-06-03 13:19 | ひまネタ | Comments(0)
<< サッカーがある 繋がっている >>