「ほっ」と。キャンペーン

まさかね

まさか、知事がここを見ているわけないと思うけど。
昨日のニュースで大入島埋め立て問題で進展があった。広瀬知事が「休止」という方針を出したのだ。
この「休止」というのは何を意味するのだろうか?
まあ、詳しいことは、皆さん調べてみてください。

結局、去年から佐伯湾の裏山に埋めていたわけで、それでメドが立ったというのも変な話。それでも、まだ、埋めるかも知れないという。時間が経過すれば折れるだろう、という計算もあるようだ。つまり老齢化が進めば意志もなくなるだろうと・・・
事業中止ならば、沈めたコンクリート塊を引き上げるべきだろう。そんなことするわけがない。
中国の役人と大して変わりないではないか。誤謬を認めない体質なんだから。
大分県職員は恥を知れ。
ここで中止できたら、見直すけどね。
だって、ちょっと前までは見直しはありえないと言っていたんだから。
マスコミの力じゃないね。ブログ、ネットの力だね。

ここは、衛藤さんの選挙区か。この人はもともと山の人だから、海のことはわからんだろう。

私は正論を言ったつもりですので、それをどう受け止めようと勝手ですが・・・

役人の良心が痛んだか?ありえない。
広瀬さんの支持率に影響が出る?ありえるかも・・多分、そんなところだろう。危険を感じたので知事の一存で決めたのだろう。

とにもかくにも、大入島のおばちゃん、おばあちゃんたちの力を讃えたい。体を張って海を守ったのだから。
[PR]
by worsyu | 2011-08-23 18:22 | 地域ネタ | Comments(0)
<< 紳助の目は怖い さしこの生きる道 >>