紳助の目は怖い

紳助について?
私は昔から嫌いだったので。
なぜ嫌いになったのか・・・・大体があの笑いが嫌いだったからだろう。ドツキ漫才というものが嫌いだったから。いわゆる関西芸人系の笑いの王道なのだろうが、私は嫌いだ。
出てきた時から嫌いだった。顔も嫌いだし。しゃべる内容も嫌い。ただ、頭の回転は速い。飲み込みがいい奴の典型。出世するタイプだ。しかし、本質がわかっていないから、伸び悩む。目移りがして、他の方面に手を出し始める。いつか転職するタイプ。芸能界では、いろんな分野に顔を出し、一応の評価が出ていただろう。でも、最終的には今回のような結果に遅かれ早かれ至ったと思われる。

ヤクザと芸能界の関係については、以前にも何回か話したと思うが、切っても切れない仲。芸能プロダクションでヤクザと関係のないところなんてないんじゃないか?と思われるくらい根が深い。
一つだけ言うと、芸能界と一般社会との垣根は低いと一般の人は思っている。実際、握手したり、会話できるし、いろんな交流もできる。考えていることもさして変わりない。しかし、一旦、一般人とのトラブルが起きてしまったら、それを収拾するのは難しくなる。なぜなら、彼らが背負っているマネーは膨大なものであり、その風評により多くの関係者が迷惑を被るのだ。それを円満に(損害なく)解決するためには、超法規的な手段によってしか解決できない場合があるのである。そのもしものための関係維持なのだ。

今回、なぜ、紳助が辞めなければならなかったかについては、今後、いろんな憶測やうがった見方が出てくるだろう。
何も悪いことをしていないのなら辞める必要は無い。多くの人は、その裏に隠されたヤクザや裏社会の存在を想像するだろう。
芸能記者はそのぎりぎりのところまで記事にするだろう。それでも真実は明らかにならない。憶測に過ぎない。藪の中に消すために敢えて彼は消えたのだ、と思うのが普通だろうか。

関西の芸能人とヤクザの関係は、関東とは違って、近いし、表に出て来すぎる。笑いの中にヤクザ社会を出すことに、私はあまりいい気がしない。裏は裏であり、表に出てきてはいけない。

東京も大阪に対しては否定的、格下扱いをするが、京都に対しては弱いところがある。

紳助の目は怖い。昔から。あの目は普通の人間の目じゃない。いくら綺麗な言葉を並べようと、涙を流そうと、あの目は異様だよ。
[PR]
by worsyu | 2011-08-24 12:04 | 芸能ネタ | Comments(0)
<< 戦術で勝てた試合 まさかね >>