早稲田の強さ

ラグビーの大学選手権準決勝を見た。早稲田は強いねえ。同志社も昔は強かったんだけどね。スピードが違う。特にコンタクトの瞬間やトップギアに入れる瞬間のスピードがすごい。それに、FWは本当に強くなった。ラグビーの場合、特にFW戦は重要だ。一方の決勝で戦う関東学院もほぼ同クラスの重さと速さを持っている。しかも上手い。密集でのFWプレイによるターンオーバーなんか上手いんだなあ。
この両校の勝負の分け目は、一瞬のスピードの差と気持ちで決まるだろう。ハーフ団の戦術が決まるかどうか、ミスが少ない方が勝利するだろう。
早稲田と同志社の戦いを見ながら、両校それぞれミスはするのだが、早稲田は「詰めのミス」、同志社は「仕掛けのミス」だったような気がする。

トリニータに新春から嬉しいニュースが入ってきた。あのトヨタカップを征したFCポルトとの親善試合が今年中に行われるというのだ。すごい。クラブ側の熱意と精力的な行動力、頭を使った戦略的眼力に感心。世界にむけてサジェッションしていくほうが近道だ。東京は世界の中では田舎だから、そこを経由していたらいつまでたっても抜けないよ。ムーブメントを逆輸入すれば良い。「TV中継やらなくていいのかい?」と言ってやれ。世界一流のプレイが見られるのと同時にわがトリニータの選手たちがどこまでやれるのか、そして、わがトリニータサポの素晴らしい演出と応援、温かい声援と友情。おもてなしの心。わくわくするね。
そこで、われらがトリニータの戦い方で仕掛けのミスではなく、詰めのミスをどんどんやって欲しい。そうすれば必ず得点できる。
早稲田のミスはやがて大量得点に繋がった。圧倒的な攻撃力と精度の高いプレイによるつなぎによる支配率と攻撃の幅。そして鉄壁の守備。今年のトリニータはなお一層の飛躍を期待したい。浦和、横浜、市原、鹿島、ガンバ大阪に対し、5勝を望みたい。もちろんリーグ戦でである。まだ無理だ、といった消極的な声が聞こえてきそうだが、われわれはサポートする。また、多くの県外のファンを取り込む努力をサポーターはして欲しい。ぜひあの輪に入りたいと思わせるくらい魅力的なサポーターになって欲しい。
[PR]
by worsyu | 2005-01-04 17:14 | サッカー | Comments(0)
<< 根本が残った。嬉しい。 あけましておめでとうございます >>