「ほっ」と。キャンペーン

オールブラックスに大敗

ラグビーW杯がニュージーランドで行われている。
第2戦は地元のニュージーランドだった。世界ランキング1位である。もとより勝つなんてことは望んでもいなかったが・・・
今回の試合を見て感じたことは、ラグビーは、技術や戦術以前に、とにかく体力勝負。パワーが必要だということだった。

ただ、ちょっと違うんじゃないかと感じたことを言うとすると。
ディフェンス。
これはニュージーランドの真似をしているのか、ゲインライン近くで内から詰めて横にスライドしながら待つようにしている。これではラインの裏に出られたら対処できない。個人の力でそのラインを突破されて、裏に出られて、後はカバーについた選手に繋げていけば簡単にトライされる。今回、何度もその場面を見た。後半は相手が余裕を持ってプレイしていた。見下されてしまった。遊ばれてしまった。点数以上に屈辱的だった。
私は、ラインで待たせずにその前でプレッシャーを欠け、抜かれたら内側からフォローするという旧来の戦術の方がよかったのではないかと思っている。そうしないとニュージーランドのアタックの勢いに負けてしまう。勿論、前でタックルで飛び込んでも交わされて前に進まれることもあるだろう、しかし、勢いをそぐことができる。今回、SOと第一センターに不安定さがあったのでそこで潰すようにすればかなり相手は戸惑ったと思うのだが・・・・そこでは、飛び込まずに球を殺すこと進ませないことを優先してタックルをすればよいのである。ここはクレバーさが必要になる。ゲインライン前でプレスをかけることを放棄して1対1で勝負しても無理なのではないか?と思うのだが・・・・
この議論はもう長いこと語られていることだ。つまり、体格の大きな外人に対して日本人はスピードが乗る前に潰す必要がある。そのためには低くて早いタックルが必要だと。前半は正しい。しかし、その方法として低くて早いタックルという手段が間違えている。
どうすれば勢いを止められるか。ゲインライン突破を防ぐ方法は無いのか?ケースバイケース。状況に応じてタックルの種類も変わるだろう。前に進む力を出さなければ絶対に勝てない。

しかし、唯一救いがあるとすれば、外国人を多く入れたことによって個の部分である程度戦えた部分があるということか。
日本人の血をできるだけ薄めることでようやく世界と戦えるなんて、ちょっと切ないね。ロマンが無いね。
予選ラウンドであるので、残り2試合を勝つことで今回の目的は達成されたと見てもいいかもしれない。
ただ、団体としての力はほとんど見られなかった。残念である。
カーワン監督の戦術にはやはり多少疑問が残る。

おそらくトンガ戦ではベストの布陣で戦うだろう。ここを勝たなければ日本のラグビー界は再びアジアの壁から抜け出すことができなかったという評価に落ち着くことになるだろうか。
[PR]
by worsyu | 2011-09-17 12:29 | ひまネタ | Comments(0)
<< 出直しだね トリもバサも勝ったね >>