大宮が男になる日

いよいよ埼玉決戦である。
大宮VS浦和
最近のチーム状況を見ると、ナビスコ杯、天皇杯で結果を出している浦和の方がいいように見えるが、ここ一番の決戦なので、何ともいえない。
リーグ戦では、浦和はG大阪に0-1で破れ、大宮は福岡に0-2で破れている。
浦和は梅崎が最近活躍している。何か持っているのかねえ。ここぞというところで決めてくれる。不思議な子。でも、それが空回りになることもあるので、あまり頼らないほうがいいだろう。
大宮には東がいる。リーグ戦では発熱のため休んでしまい、福岡に惨敗した。東がいなかったせいかどうか・・・で、天皇杯には出ていたので、どうかと思っていたが、本調子ではなかったように見えた。ちなみに福岡大学には清武の弟が出ていたが・・・・
GKには江角が控えでいる。なかなか出番が廻ってこないが、天皇杯も江角だったらもしかして、という気がしないでもない。

どちらが勝ちたいと思っているだろう。
どちらが冷静だろう。
どちらが戦力が揃っているだろう。コンディションはどうだろう。
外人力なら浦和にまだ分がある。しかし、そこに穴があるとも言える。チーム状況が悪いと、頼ろうとする気持ちが出てきてしまう。主体的になれなくなる。ミスを他人のせいにしようとする。
その辺りの調整を両監督がどこまで手綱を締めることに長けているか。鈴木監督の方が上手い気もするが・・・・・

これまで常に浦和の影に隠れて2軍扱いされてきた大宮にシンパシーを強く感じる。これまでの鬱憤(うっぷん)が堆積しているのなら晴らす場となるであろう。
それとも、やっぱり日陰の存在で引き立て役になってしまうのか。
大宮にとっては、J1のプライドを掛けた戦いとなる。
「俺たちもJ1だ」

相手を煽るような、くだらん弾幕を出すのだけは辞めてほしいね。浦和にはそんな余裕はないと思うが。大宮もそれを自重することで勝利が見えてくる。

大宮は果たして男になれるか?というのも変な言い方だ。誇りを示せるか?

(梅崎は先発なので、後半、どこかで退く・・・最後に決めるのは深谷か、東か・・・?)
[PR]
by worsyu | 2011-10-15 11:32 | サッカー | Comments(0)
<< 2位ですけど 山崎ハコが来る >>