ナビスコ決勝

水曜日に大分トリニータが劇的な逆転劇を演じた国立競技場で、今日はナビスコの決勝だ。
何となく、トリニータはやってくれるんじゃないかと思っていた人も多いと思う。私も何となくではあるがそう思っていた。京都に負けたのは今日勝つことで帳消しにしてやる、みたいな気分だった。それに、去年もそうだったし、これまでもそうだったが、大物食いには慣れていたから。FCが大物かどうかは別にして・・・

ナビスコ決勝であるが、一発勝負なので、モチベーションが高いほうが有利となる。浦和には土産に(笑)勝たせてやりたいが、鹿島も無冠返上に燃えているだろう。メンバーを見ても選手の質、経験などでも鹿島が有利に見える。
鹿島が残留すればいいくらいのチームならば浦和有利なのだが・・・
浦和の前線が機能するかどうか、痺れを切らせてむやみにシュートを早打ちしていけば流れは鹿島に移るだろう。流れを変える力を持っている控え選手を見ても鹿島有利だ。

引き分け、延長、更にPKまでもつれ込めばわからないが・・・・・それでも鹿島有利かな?
[PR]
by worsyu | 2011-10-29 11:37 | サッカー | Comments(0)
<< 捕鯨反対 KEIKO(KCO)の回復を祈る >>