大分舞鶴の牙城

高校ラグビーの準決勝を見てきた。今年の舞鶴の状況を確認に行ったようなものだが・・・
つけ入る隙はある。しかし、やはり強い。
順当に雄城台が決勝に進出したが、まだ力の差はある。
私は弱者が強者に立ち向かう上での戦術の理論がある。ここでは3つの戦法を提案したい。
1)攻撃面:まず、キックを多用して有利に陣地を確保するということ。
これは、東明がキックを使わず確実に球をつなぐことに徹したため、支配率はある程度確保できたものの、得点にはなかなか繋がらなかったということからもわかるように、攻撃の多様性もなくなるし、第一、フォワードが疲れてしまう。支配率を確保し、しかも、陣地を前に進め、展開に持って行くにはハイパント戦法が効果的だろう。その為には、スタンドオフのキックの精度と、キャッチングする技術(タップも)と高さを持ったロックの存在と整備が必要。
2)守備面:ディフェンスラインをゲインラインよりも前に設定する。そして、内から外へ追い出すように斜めに入ること。ラインを死守すること。内側はフランカーと№8がカバー。(タックルとは何か?攻撃をただ受けるのでは勢いに負けてしまう。相手はボールを持っているというハンデがある。しかしスピードがある。斜めに入ることでステップによるコースを狭めることができる。そして入るポイントを相手の胸よりも下の辺りにすれば負けない。押し込まれない。足に行ったらかわされたりハンドオフをされる。日本の指導は間違っている。状況に応じてタックルの種類も変えないとだめだ。)
3)精神面:攻撃のリズムを掴むこと。そして勝つためのストーリーを描くこと。前半を3つに分けてクリアすべきことを細かく確認しながら状況に応じて戦法を変えることも考える。後半も同じ。詰めの部分を間違えないように。相手にリードされて後半に入る時も、想定していれば対処の仕方が違う。統一した意識が戦法を効果的にする。

細かいことを一つだけ言うと、舞鶴は№3がラインに入ることが多い。それはそこでポイントを作るということだ。つまり見え見えな攻撃なのだ。そこを潰せばチャンスになる。つまり、そこに2人がかりでもいいからゲインライン前で潰してボールを確保すればチャンスになるのだ。まあ、そんなこと誰でも一目見ればわかることだが、東明はそれができていなかった。

去年、舞鶴を見たとき、そろそろ県内の覇者の地位も危ないかなと思ったが、今年の雄城台はどうだろうか?私の提言を聞くか聞かないかは別にして、大分舞鶴のラグビーは良くも悪くも伝統の強さ。それに打ち勝つには新しいことを試していかないと駄目だろう。

(結論として、私が指導すれば、今よりも点差は縮まるだろう。そして、私の理論を実践するチームがあったら、FWを鍛え直し、強化すれば、数年後には勝てると思うよ。(笑))

雄城台の奮起と冷静な分析力に期待したい。
[PR]
by worsyu | 2011-11-14 10:05 | 地域ネタ | Comments(0)
<< 相田みつを 見学する時は静かにね >>