審判のメンタリティ

東九州龍谷はまたもや優勝した。これで4連覇(V5)だそうだ。強いね。しかし、準決勝ではあわやのところまでいった。というか、負けてもおかしくない戦いだった。

ラグビーの大学選手権の決勝では、天理大が帝京大と同点のままラスト5分のところで勝負がついた。ラグビーは陣取りゲーム。しかし、天理大は自陣でありながら、ボールを保持しつつ、果敢に攻撃を繰り返した。しかし、結局、ラックになり、おそらく、手で掻いたという反則を取られ、相手のPGとなった。
たぶん、こっそり掻いたのかも知れないし、掻いていないのかも知れない。グラウンディングしてプレイをしてはいけない。
しかし、どうもこのレフリーの判断が気に入らない。最初の天理のトライ認定もおかしい。あれはラインを超えていない。自分で目視して確認していない。ならば認定すべきではない。
それから、最初の方だけは笛を吹かなかった。アドバンテージを取っていた。そして、解消。(細かいところまでチェックしすぎ。まあ、公平なんだろうけど、日本人の審判って流すことが基本できない。反則を見逃すことはおかしい。しかし、時として見逃していいケースもある。試合の進行に関係ないところでの軽い反則は無視していいのだ。そうしないと、肝心かなめの判断のところで間違った判断を犯してしまうから。それが怖い人は、イーブンにわざと持っていって最後のところで勝手に反則を取る。)

後半からおかしくなってきた。やたら笛を吹き始める。なんだか、自分の都合で吹いている感じがした。走りたくないから、息継ぎしたいから?疲れたのか?天理側に執拗にFWのコラプシングの反則を取り始める。そして、くだらん説教をし始める。そんなの聞く必要はない。無視すればいい。自分たちを信じて天理はプレイし、同点にした。

接戦で審判が目立つ試合ほどつまらない試合はない。そう感じるのは私だけかもしれないが。選手よりも審判が目立っちゃいけない。自分でストーリーを考え、その方向に動かすなんて、まるで警察か検察並みだ。最後に帳尻あわせをするのも同じ。これじゃあいつまで経っても日本のラグビーは進歩しないわ。早明戦の時も感じた。レフリーの質が上がらない限り日本ラグビーは強くならないと確信した。

東九州龍谷の場合も準決勝の下北沢成徳戦で、審判の資質が問われる判定が見られた。実際、ワンタッチだったと思うが、審判は取らない。アピールされてしぶしぶタッチネットだか何だか訳のわからない判断をする。ここから流れは変わってしまった。
ここで明らかのは、日本人は感情的なアピールに弱いということだ。だから、中国や韓国から圧力を加えられ、しぶしぶ認めることになる。政府だけの問題ではない。日本人があまりにもナイーブでプレッシャーに弱い。(しかしながら、もし、東龍に大竹がいたら、手が付けられないくらい強いチームになるだろう。それくらい、大砲以外の面ではずば抜けて洗練された、高度な技術を持った集団であることは間違いない。優勝するにふさわしいチームであったとは思うよ。つまり、5連覇(V6)するには大砲-エースを育て上げること。その前に獲得が急務ということになる。というか、さすがに来年は無理だろう、とは思うが・・・・すごいね。)

ところで、エースの鍋谷友理枝はどこかしら魅力がある。目が離れているからか・・・・女から好かれる顔だ。クラッシュギャルズの長与千種のような、山口百恵のような、不思議な雰囲気を持っているねえ。
[PR]
by worsyu | 2012-01-10 14:43 | ひまネタ | Comments(1)
Commented by Arthuroa at 2014-08-22 11:34 x
http://yell888.label168.com
http://newest.pkroeger.com
http://senri114.label168.com
http://iroha.yrmsmcy.com
http://tokeiten.yrmsmcy.com
http://www.fffls.com
http://tokei.pkroeger.com
http://nanaple.label168.com
http://kokuga.yrmsmcy.com
http://timelove.yrmsmcy.com
http://eshiba.fffls.com
http://10keiya.label168.com
http://enami.fffls.com
http://closer01.fffls.com
http://rstime.fffls.com
http://spring.megapans.com
http://bright.fffls.com
http://starmart.pkroeger.com
http://tokyob.pkroeger.com
http://murauchi.megapans.com
http://www.yrmsmcy.com
http://gion.yrmsmcy.com
http://abbeyroad.yrmsmcy.com
http://tokeiya.pkroeger.com
http://digilife.pkroeger.com
<< 東龍(とうりゅう)に学べ 熊本へ行こう >>