「ほっ」と。キャンペーン

なさけない4位

バサジィ最終戦。今シーズンを象徴するような負け方で終わった。
なぜ負けちゃうの?っていう負け方。
6対4くらいのポゼッション。球を支配しながらゴール前で廻し、隙を狙う。しかし隙が無い。そこでパワープレイ。でもゴールに結びつかない。そのうちミスを衝かれ無人のゴールに吸い込まれる。
実際、今回の府中戦は引き分けか勝って当然の試合だった。勝手に自滅しただけ。自滅だ。
なんだかマリオもよくわからない。
ゴールポストに3回~4回ほどはじかれた。運が無い?ではない。どこかがちぐはぐなんだ。攻撃に偏りすぎ。ブラジル人に偏りすぎ。これじゃあ勝つわけない。
おまけに大野がうるさい。
そろそろ考え直して欲しい。無理やり扇動して場をしらけさせてもしょうがない。もっと冷静に楽しく見たい。マイクパフォーマンスやりすぎ。いいもの持っているんだけど、やりすぎたら醜いよ。
無理やり盛り上げなくても、勝手に盛り上がっているから。400人程度しか入っていない会場でちょっとかわいそうなくらいの応援状況ならいざ知らず。大分なら700人以上は入るはず。今回もそうだが、却って応援の邪魔をしている。
自然発生の応援を無視したら、盛り上がらないよ。マイクで押さえつけるような応援は辞めてほしい。
実際、大野のマイク応援で負け続けているんだから。
来季は心を入れ替えて、応援とは何かを考え直してきて欲しい。
マイナースポーツだから、と馬鹿にしているのか?と思われてもしょうがないよ。
こんなもんじゃないよ。彼らの実力は。
トーナメントがあればわかるよ。大野がいなけりゃもっといい結果が出たはずだ。ってことがね。
[PR]
by worsyu | 2012-02-13 12:30 | サッカー | Comments(0)
<< 運命の人 ルーティーン化のすすめ >>