「ほっ」と。キャンペーン

岐阜戦で勝ち越しだ!

7700人。そんなもんか、といった感想だ。7000割ったら深刻だね。
みんな、気には掛けているんだけど、わざわざ足を運ぶ気にはならんのだろう。でも、J2ではまあ上位の集客力かな。
試合の方は何とか勝ったね。まあ、勝つだろう。勝たなきゃおかしい。勝たなきゃ今シーズンも中位から下位に低迷になると予想できるから。
5試合で最低勝ち越し。それが無理でも10試合で5勝2分け3敗くらいの成績を望みたい。無理なら4勝。
今のままだとぎりぎりプレイオフに出られるかどうかといった位置が見えてくる。とても優勝するチームには見えない。
守備の安定感。中盤の展開力。前線の攻撃力。全てにおいて劣っている。特に守備。2勝しかしていないのに10位につけているのは、点を取っているから。だから、今の戦い方を進めていっていいけどシーズン半ばから後半に掛けては守備の安定化は必然になる。整備で事足りるのか。サイドの選手がいかにカバーできるかでも違ってくる。守備の意識は感じなきゃだめ。ただ漫然と見ていたらやられるよ。もちろん、相手チームの選手の分析を緻密にやれば或る程度タイミングや崩し方はシミュレートできるはず。草津戦のような無様なことはなくなるはずだ。
三平のゴールは感覚的なものだ。なかなかできない。あれはセンスだろう。いつもはできないが、或る瞬間に出るとてつもないパフォーマンスというやつだ。計算できないが、勝負所で使うと活躍する選手だろう。
森嶋なんかはその逆で、ここぞという時に外す。パターンが読める。でも安定はしているから計算ができる。競り合った勝負となった時は使えない。
サッカーってそんなに点が入るスポーツじゃない。相手が隙を見せたときに畳み込んで弱いところを付けば点が取れることがある。試合の流れをみんなで共有できればそして自分たちをコントロールできれば試合もコントロールできるようになるだろう。
そのためには、強みを早く作らねばならない。ここだけはどこにも負けないという部分を作ること。
次の岐阜戦は重要である。3勝2敗になれば、希望が持てる。2勝3敗だと希望がしぼむ。今年も難しいということになる。引き分けならば結局、いいところまでいくが今年も駄目ということになる。そんな気がする。気がするだけなのだがね。
何かまだふわふわしているね。強さは感じられない。
[PR]
by worsyu | 2012-03-21 12:51 | サッカー | Comments(0)
<< 楽しもう。サッカーを 大分で 強すぎるブラジル人 >>