「ほっ」と。キャンペーン

楽しもう。サッカーを 大分で

勝ったね。阪田が2点というのは笑ってしまうが、まあいいや。これで阪田も自信を取り戻して、今度は守備の方に重点を移して集中して欲しいものだ。
この勝利は大きい。今シーズンを見る上での見極めの試合と思っていたので・・・
勝った試合は分析する必要はない。問題は負けた試合だ。何故負けたのか?その原因を突き止めて対処しないと前に進めない。チームの進歩は無い。
戦う集団としての意識はかなりついてきただろうか?
J2というカテゴリーはモチベーションの保ち方が難しい。もちろん、J1を目指しているだろう。しかし、現実として、狙えるチームと狙えないチームがある。しかも、狙えるチームの中でも狙っているチームと狙っていないチームがある。その狙っているチームの中での選手の意識もさまざま。レベルもさまざま。
鳥栖が横浜に勝ったが、C大阪の試合を見た時にも思ったし、前にも書いたが、鳥栖はJ2にすぐに落ちるようなチームじゃないよ。今の大分と比べても差がついたなあと思うよ。バランスがいい。鳥栖が崩れるとしたら、誰かに頼り始めるかどうかだろう。点が取れず、負けが続いたら誰かの責任にし、そし誰かに頼ろうとする。最終的には救世主を求めるようになる。そんな人は現れないのだが、ただ、きっかけをつかめると変わるけどね。今季は鳥栖は大丈夫なんじゃないか?

大分は現在の勝ち星ではまだ何とも言えないが、この先、勝ち点を重ねていけば、J1という目標が見えてくる。
しかし、そこが終着点ではない。J1という上のクラスに上がって、何をするのか?何をしたいのか?上がって終わりなら、そこで解散するのか?違うだろう。
レベルを上げて、J1で定着できる力をつけなければならない。言ってみればオリンピックやW杯に出場できることで満足していたら、そこから上には行けない。やがて沈んでしまうだろう。
失敗から学んだことをきちんと積み上げていれば、安易なミスや失敗は起きなくなる。そこから安定感が出てくる。勝ち方を覚える。負けていても、そこから勝つために何をするべきかはわかっている。最後まであきらめない。勝つための確率を高くするために、やるべきことをやればいい。迷う必要はない。強くなるとそのあたりがわかってくる。

育成型クラブという名前だけが一人歩きしているが、トリニータは核なのだ。その周りの多くの人々がサッカーを通じてコミュニケーションや文化を育んでいけば育成にふさわしい場ができるはず。裾野が広がっていけば、必ずサッカーに対する見方が変わってくる。
まだまだやるべきことはいっぱいある。県サッカー協会の協力も必要だが、一般の人たちのサッカーに関与する機会を多く作っていくこと、また、ラグビーとの連携や芝生のグラウンドを多く作っていくということも重要になる。お年寄りたちが芝生の上でサッカーをしている姿を想像する。子供たちももちろん大切だが、お年寄りたちが活き活きと楽しくサッカーをやっている姿を見る方がうれしくなってくる。
芝生を植えよう!!
レール跡の利用?フットサルコートでいいんじゃないかな?JRを使って集まってきた人たちが駅周辺でフットサルをやっている。それを上から眺めている人たち。毎日フットサルが楽しめ、見られる環境ができたら楽しいだろうね。
全天候型の簡易コートで大会も容易にできるようになれば楽しいだろうね。身体に障害がある方やオーバーエイジの方、そのほか、いろんなカテゴリーでくくられるマイナーエリアのサッカー、フットサル・・・


ここだけの話、私がここで語ることは大体実現するようなのだ。なぜかわからないが・・・気のせいかもしれないが・・・・・・
[PR]
by worsyu | 2012-03-26 12:42 | サッカー | Comments(0)
<< 1-0でも惨敗 岐阜戦で勝ち越しだ! >>