千代大海勝ち越し・・たっ

昔の千代大海は勢いがあったんだけどなあ。朝青龍に「ごっつぁんです」とかいわれちゃあおしまいだね。
相撲というのは、柔道なんかも同じだと思うけど、頭じゃなくて体で反応するもので、こうすれば良いとかああすればよいとか瞬間で判断できるものではない。長い間の練習で掴んだ技が型になり、それが武器になる。しかし、だ。
もう、あの若い頃の勢いが無い以上、型を変えることを考えていいんじゃないか。
突っ張っていくのは良いとして、その後、前褌を掴んで相手のあごの下に頭をつけ、一気に押していく。これが一番だと思うけどなあ。千代の富士だって、関脇の頃はこの形で押していた。軽量力士が取る戦法だが、当たりの強さがなければ取れないし、技術も勇気も必要だ。ここまで来た戦法を変えることは無理かも知れないが、大関の地位にしがみつく姿は見苦しい。突っ張りの延長に押し出し、引き落としではなく、この前褌取りを練習してみてはどうだろうか、ともう随分前から思っているのだが。
全くもう歯がゆいねえ。
[PR]
by worsyu | 2005-01-24 17:01 | 時事ネタ | Comments(0)
<< 府内戦紙とトリニータサポ 土曜ワイド劇場-九重町と佐賀関 >>