乞食クラブと呼ばれ

以前、大分トリニータの経営問題が出た時、「福岡ウラヤマシ杉」で書いたが、ホワイトナイトの出現を待つしか根本的な解決策は無いのかもしれない。
プロ野球にしても、赤字経営で悩む球団は多い。あの横浜でさえ身売りした。それでも続いているからいい。
福岡ソフトバンクホークスも、以前は消え行く運命だった。
経営母体のダイエーが破産状態で、観客を集めるためにいろんな方策をしていたが、累積の赤字は1400億円もあった(ダイエー本体は7000億円)。有利子負債だけでも700億円。しかも観客席を満席にしても年間数十億の赤字が出る。
当時は福岡の財界も手を差し伸べる力はなかった。
誰もが潰れるものと思っていた。

大分トリニータは母体となる企業が無い。敢えて言えば地方自治体が支えていると言って良いだろう。この第3セクター方式と言えなくも無いズブズブの経営感覚。
責任の所在が明らかにならないし、利益を出すために無駄をなくすとか、積極的な営業方針などは出てこない。まあ、誠実さだけが売りの社長を据えて乗り越えようとしている。今はそれしかないんだけどね。

私は、借り換えをすれば済む問題だ、と何度も言ってきた。しかし、銀行は危なくて貸さない。まあ、県が保障してくれるなら貸してやる、くらいかな?
その県もこれ以上は関与したくない。誰も金を貸さない。返ってこないから。だから、募金を募る。足りなくなったらまた募る。いつまでもやる。手を変え品を変え。今回は「昇格支援募金」ということだ。
もう、企業体としては死に体だ。しかし、地域振興のシンボルとして存在する意義を強調することで、あたかも非営利団体かのごとく存続しようとする。
信用が無いから金は貸さない。ギリシャも信用不安で取付け騒ぎ。ユーロも安くなった。信用を回復するまで地道に募金するしかない。信用ができたら金は勝手に廻ってくるよ。

このクラブにとって募金は坊さんの托鉢のようなもの。立派な寺院を維持するために必要なものなのだ。それならそれでいいではないか?いっそ割り切ってしまったほうがいい。
誰もあの托鉢している坊さんを見て卑しいと思う人はいない。募金活動をしているサポーターはえらいと思うよ。彼らは実態がわかっている。そこにすがるしかないのだ。
乞食と馬鹿にされて結構。
アウェイにできるだけ参加することでアピールできる。関東、関西での大分県出身者もしくは、つながりで結構だ。参加お願いします!!


溝畑を追い出し、詐欺まがいのスポンサーに抵抗したことを、私は、以前、「やがて彼らがこのクラブを救ったのかも知れないと言われるだろう」と言った。
現在のIT企業もこの先10年安泰とは限らない。プロスポーツを支える日本企業もいつまでも右肩上がりが続くわけではない。
10年、20年先を見て、われわれは何を目指すのか。このクラブと共に目指すのは何なのか?支え続ける意義はあるのか?

J1に上がるのは魅力的だ。そこにかつて居たんだから。もう一度行きたい。しかしそこは決して楽園ではない。地獄かも知れない。そこに行くことが目的ならばもう達成した。その先に何があるのか?何をしたいのか?

サッカーを中心にした街づくりを本当にやろうとしているのなら、もっといろんなことがやれるはず。みんなで環境を育てて行こう。整備していこう。
ACミランが湯布院(由布市)にサッカースクールを開校した。これも喜ばしいことだ。国内2校目だ。これはある意味われわれが評価されたということと考えていいのではないか?
トリニータ・バサジイ・HOYO、それ以外にもサッカー文化は広がっているよ。
無理する必要は無い!
繋がって盛り上げて楽しめればいいではないですか?
[PR]
by worsyu | 2012-05-24 13:03 | サッカー | Comments(0)
<< お布施クラブの試金石 スギちゃんの面白さ >>