お布施クラブの試金石

千葉戦である。
千葉という名前に負けている部分もある。苦手意識がある。しかし、いまの千葉は強い。J1 復帰に向けて着実に歩みを進めている。得失点差+18がそれを物語っている。戦力も揃っている。
腐ってもやはり鯛なのだ。

まともにやったら負ける。
唯一つけいるすきは前節熊本戦で4-0で大勝した反動。その思いが残っている心の油断を突くしかない。
今の千葉に勝てたとしたら、結構J1も可能性が見えてくる。というか優勝を狙う位置に行ける。争いに加わることになる。

さあ、盛り上がろうぜ!!勝つにしろ負けるにしろ。
千葉にしても大分戦はJ1へ向けての戦いの中で重要な試合と見ているだろう。ここで負けるようならまだまだ混戦が続くことを覚悟ということになる。

先制点は重要。千葉の裏への飛び出しに対してきっちりDFは付いていけるか。飛び込んだらやられる。DFは最後まで集中力を切らさずセーフティー優先でやってほしい。
サイド攻撃で相手を後ろにやることも重要。
最後は走力で勝つつもりで。

お布施クラブにとっては重要な試合である。
[PR]
by worsyu | 2012-05-27 11:15 | サッカー | Comments(0)
<< 協会の道理 乞食クラブと呼ばれ >>