悪しき友人たち

最近の領土問題をめぐる韓国、中国とのゴタゴタは、いろんなものに飛び火し、経済、文化及び生活に大きな影を落としている。しかし、それは避けては通れない、ごまかしてはならないことだろう。たとえお互いに傷を負うことになろうとも、ここは踏ん張る気概が必要だろう。

特に韓国については、その過激な言動に理解を超えたものを感じる。
理由はどうあれ、なぜそういう無礼なことをするのか?日本を蔑視することに生きがいを感じるような神経に不思議な気持ちになる。
しかし、それは、日韓の外交史を紐解くと理解できた。いや、薄々とは知ってはいたが、明治維新の時の韓国の動揺と無茶苦茶な外交を見ていると、今と変わらない。その根底には、中華思想があることに気がつくのだ。

アジア諸国が西洋列強の文明と出会い、開国を迫られる。日本は国内に開国派と攘夷派が入り乱れて、改革派と守旧派のせめぎあいの中、藩閥政治がやがて終焉を迎え、明治新政府が起きる。積極的に西洋文明の科学技術を取り入れ、富国強兵をもって世界の列強に伍することを是としたのだ。
しかし、朝鮮は鎖国政策を維持しようとする。日本の新政府が国交を新たに結ぼうとするが、あらゆる難癖をつけて調印しようとしない。朝鮮の外交官は、恫喝、愚弄、無視等々、あらゆる姑息な手段を用いて返事をしない。日本側はこのままではいずれ西洋列強から軍事力を背景に開国させられるのは畢竟。今の内に対処しなければならない、と隣人として開国を促すが、相手にされない。
これは、朝鮮からみた中国、日本の関係にあるのだ。朝鮮は中国(清朝)の属国なのだ。中国は朝鮮にとっては宗主国。つまり、中国の許しがないとなにもできない国。そして、日本は朝鮮よりも下の国、もしくは対等の国ということになる。
もっとも、これはまったくばかばかしい話で、日本は中国と政治的な上下関係にはない。過去の歴史において覇権を争い相対立する存在ではあっても、どちらかが支配する関係になどなったことはない。
しかし、朝鮮においては、儒教の影響で、上下関係しかないのだ。日本が自分たちよりも上にくるなど考えられない。と、昔から思っていた。だから、日本を愚弄、蔑視することは今に始まったことではないのだ。

多くの日本人も勘違いをしている。(あんなに仲良くしていて、気心も通じ合えて、情のつながりも共感できるのに、突然、愚弄する言葉、行動をし始める。どちらが本当の韓国なのか?と・・・)なぜ、彼らは日本を蔑視するのか?戦争で朝鮮を併合したからなのか?従軍慰安婦と呼ばれるものを作ったからか?賠償金が少なかったからか?
全く違う。戦争前から、明治維新から、それよりももっと前から朝鮮は日本を蔑視し続けている。国是としているのだ。
だから、戦後の賠償をしても無駄だし、慰安婦問題で意味なく譲歩しても無駄。永遠に日本を蔑視し、永遠にゆすりたかりを繰り返すだろう。
そういう国なのだ。でも、そういう国とわかっていても付き合わなければならない。日本流の誠意を持って接すればわかってくれるなどというものは通用しない。
それは賠償問題でも同じだ。際限が無い。ゆすり、たかりだから、少しでも弱みを見せたらそこを突かれる。1億が1兆になっても納得しない。日本人が朝鮮に対してお許しください(河野氏)と言っても許さない。許さなければもっと金が手に入る。10兆円、100兆円。「向こうが悪いと思って勝手に貢いで来るのだからわれわれは永遠に許さないでおけばいい。向こうが気が済んだら貢ぐのをやめるだろう。」くらいのことを考えてもおかしくない。そういう国なのだ。
私たちが気をつけるのは、それを押さえて置けばいいだけ。ちょっと歴史を勉強すればわかること。お互いの利益になることは友好的に進めればいい。それ以上でも以下でもない。

それにしても面白い国である。もっと勉強したくなった。
(NHKの韓国ドラマに「イサン」がある。これを見ると朝鮮がよくわかる。嘘を付くことは正義のためなら善とする。それが身勝手な論理であっても許されるということがよくわかる。このドラマは面白いですよ。ちなみに私の奥さんは韓国大嫌いなんですけどね。)

悪しき友人と接するにはそれなりの注意と節度が必要だ。ただし、これは国対国の話であって個人間の話ではないのであしからず。私は差別主義者ではないので・・・

言葉が足りないですね。つまり、リスペクトされようとしても無駄だということです。良くて妬みの対象になるだけです。一切否定されます。一旦認めたように見えても無いものにされます。そこでひるんでは負けです。蔑視され続けても自分たちの主張は曲げてはいけません。口約束はダメです。文書で明確に記していないものはどうにでもなります。そういう人たちとの付き合い方というのは別にあるんです。考えればわかることですよ。
劣等感の裏返しで尊大に蔑視してくるわけですから。病んでいる民族ということは言えるでしょうね。同じことをやったら同じレベルになってしまう。
諭吉翁は偉大だったねえ・・・・
[PR]
by worsyu | 2012-08-29 09:37 | 時事ネタ | Comments(0)
<< 甲府強過ぎ 本当の戦いが始まる >>