サッカー組織へ

指原がHKTに移動になり、2ヶ月が過ぎた。

福岡空港から劇場やTV局まで車で30分程度で行けるだろうか。大混雑なら地下鉄でSP付ければ大丈夫だろう。逆に羽田からTV局までも同等の時間で行ける。秋葉原まで行くとなると1時間見なければならないだろうが。台風でも来ない限り芸能活動にあまり影響は無いだろう。もちろん、それでも、飛行機を使うわけで、その移動の際の時間は結構掛かる。
若い時の苦労や経験は財産になる。飛行機で移動する際もいろんなことを考える。それは自分をより高めることになるだろう。
体は痩せたはずだが、顔はむくむし、瞼も腫れる。
その変わりように整形疑惑が飛び出す始末。実際のところはどうなのか、私は知らない。
無修正のままでがんばって欲しいという願望はあるが・・・・

芸能界で今のテレビであれだけハイビジョン高画質で映されたら、女優で40代以上の人はアップできないだろ。というか、気にする人は気にするだろうね。
いじりたくなるのは仕方ないかもね。

素人だって今のご時勢、エステ感覚でいじっているんだから。大分にも美容整形あるし。たまにPPですごい美人に出会うと整形疑惑が自分の中で浮上する。
昔は、後ろ姿の美人というのが結構あって、表に回って顔を見てがっかりというのがあった。世の中、スタイルがきれいで、顔もきれいというのはなかなか無いものだという感覚があた。しかし、最近はスタイルがよくて顔もきれいというのが少なくない。
これはいじっていると考えて間違いないだろう。
たとえ、仮に大分から美容整形の病院がなくなっても、福岡に行けばいっぱいあるし、きれいになればメリットがあることは明らかなのだ。しかし、デメリット面の情報をもっと多く流さなければこれを食い止めることはできない。
ムラ社会が崩壊していること、そして旧来のモラルの崩壊、宗教観、倫理観の崩壊がある。

指原が児玉ら年下のメンバーたちに「さっしーって呼んで」と頼み込んでいる。
これは、野球ではなく、サッカーマインドで行こうとしているのに近い。
おそらく、年配の方は理解できないかもしれないが、サッカーの試合は常に流動している。だから、年齢による上下なんか関係ない。勝つことが目的であり、無駄なもの、障害となるものは排除しなければならない。実力主義の世界なのだ。言いたいことがあったら言う。仲良し倶楽部じゃダメだ。上を目指さなければ沈んでしまう。地方アイドルの泡沫として。

指原と他のHKTメンバーとでは仕事に対する意識からして全く違うだろう。厳しい大人のしかも欲望と金と時代の先端の危うさの中でトップランナーとして走る続けている指原と、周りからちやほやされることに慣れてブリッ子すれば何でも通用すると思っている子供たちとは、レベルが違いすぎる。言い換えれば指原は香川であり、HKTはJリーグなのだ。

面白いのは、清武の母校のサッカー部の小学生たちが、「清武くん」と呼んでいたことだ。
現在の日本代表の中でも、試合をコントロールしているのは本田なのか、清武なのか、香川なのか、それとも遠藤なのか?
これまでは本田だった。しかし、現在、香川がそれに代わろうとしている。しかし、清武がこれに加わる。やがて香川か清武かの争いになりそうである。

指原がHKTを野球モードからサッカーモードに変えて行きつつあることを感じた。HKTが切磋琢磨してキャラが立ってくれば、つまり、「売り」の部分が出てくれば、今以上に飛躍するだろう。それを引き出すのも指原の仕事でもある。しかしながら、付いてこなければ、脱落する子が出てくればそれまでのこと。そこまで付き合う必要はない。
[PR]
by worsyu | 2012-09-12 18:23 | 芸能ネタ | Comments(0)
<< 村山談話なるもの 城達也を聞きながら >>