残り8試合

熊本へ参戦された方、お疲れ様でした。
入場者数は9600人ということですね。北九州戦が4700人くらいですから、熊本側は5000人くらいでしょうか、それに対して大分はほぼ同等の人数を動員できたわけですから、これはすごいですね。
勝負の方は残念な結果となりましたが、この動員力は素晴らしい。きっと後半の戦いに繋がると思います。
しかし、結論として、2位以内は厳しくなったと言えるのではないか?私の中の勝手な計算では4試合を勝ち越し以上が最低条件でしたから、それを1勝2敗1分である。しかもホーム2試合を1勝1敗である。ホームアドバンテージは無いようなものだ。
3位決定戦のことをそろそろ考えてしまう。
3位から6位までは同じといえば同じ。ただ、引き分けになった場合に上位のクラブに決まるという優先権が与えられている。だから、やはり3位と6位とではやはり僅差の戦いになった場合、上位で引き分けに持ち込める力があるチームが有利と言えよう。
今のところ、京都、千葉、ヴェルディ、山形である。これに栃木や横浜が入れ替わる可能性がある。
もちろん、6位までに入らなければこのプレイオフに参加することはできないわけだが。

しかし、まだ2位以内に入る可能性が無くなったわけではないので、これから第2クールの4試合を2勝1分1敗。最後の第3クールも2勝1分1敗で行けば湘南にプレッシャーを掛けることができるのではないか。+14点で72点。湘南が3勝したら、ほぼ無理になるが、2勝で足踏みしたら可能性が出てくる。大分は残り8試合中4試合がホーム。従ってそのうち3試合を勝ち、1試合を引き分けに持ち込む。そしてアウェイの4試合の内2試合を引き分ける。そして、どこかで負ける試合を2つ作る。できたら1試合に留める。
刻々と変わる状況に対して冷静に。今できることを効率よく出す。最終決戦を見据えて集中して守り、攻撃していこう!!
[PR]
by worsyu | 2012-09-18 12:13 | サッカー | Comments(0)
<< 指原冠新番組 嵐が始まった >>