「ほっ」と。キャンペーン

勝負を掛ける試合になる

まさかのホーム連敗である。
今度の千葉戦は勝つ必要がある。ここで負けたらいくらなんでも終戦だろう。もうそこまで追い込まれてしまった。
千葉戦はアウェイである。ここでの勝利は2勝の価値がある。言い過ぎだろうか?
千葉戦が終われば、残り4試合となる。私が設定した1クール4試合の成績は、現在1勝2敗。これに千葉で勝てば2勝2敗となる。しかし、千葉戦は2勝の価値がある。従って、3勝2敗の価値があるということになる。
勢いが付く。そして最後の1クール4試合に突入することになる。単純に計算すると2位以内は厳しい。しかし、千葉に勝ったのだ。だったら全勝してもおかしくない。それは無理だろうが、3位に踏みとどまる可能性が強くなる。そうすれば限りなく昇格が近くなる。千葉がリベンジで上がってこなければ・・・・

逆に千葉に負けた場合。最終成績は、6位~8位になるかも知れない。たとえ、6位に滑り込んでも、そこからプレイオフで勝ち進む勢いはないだろう。

もし、栃木、横浜FCに勝っていれば・・・せめて引き分けだったら・・・でも、これが現実だ。この戦力で最後まで昇格を狙うのであれば、千葉に勝って勢いをつけ、3位狙いでプレイオフを迎えるしかないではないか?

全てが千葉戦で決まる。そういう雰囲気になってきた。自分の中では、負けて気休めに「まだ4試合ある」と言われても、その時は終戦になるのだ。
千葉との因縁の中での戦いで現在のチーム状況、そして、気持ち。実力が推し量れるのだ。

これまで何度も助けて貰った関東サポ。最後も関東サポにすがるしかない。

J1に上がってもこれじゃあ、という想いを持っている人も多いだろう。札幌みたいになりたくない。でも、選手たちは確かに成長している。戦い方も終盤失速ということは無くなった。しかし、まだまだ勝負どころでの弱さ、はじき返す守備の力を感じない。
これでまかりまちがってJ1に上がってもいいのだろうか?

現在、J1ではガンバ大阪、新潟、大宮が降格争いをしている。これに神戸も加わりそうな雰囲気もある。いずれも立派なクラブだ。それでもこの中の2チームは落ちる。ガンバはアジアを征した名門クラブだ。新潟はJ1でも屈指の観客動員力を誇るクラブ。大宮はしぶといねえ。落ちそうで落ちない戦い方を知っている。切れそうで切れない。
J1とJ2を行ったり来たりするのは疲れる。
J1に居続けるには、やはり選手の総合力を常に一定に保つ必要がある。選手の新旧の交代を上手くやること。クラブの方向性に合った監督を持つこと。サッカーをする上での環境の整備も重要だ。
サポーターの存在は大きい。私たちは失敗をしたことで多くを学んだ。そろそろJ1に上がってもいいんじゃないか?
トヨタ、日産、マツダとスポンサー競争もできるし・・・

大分市はサッカーを核とした都市が漠然としたものであるがかすかに見えつつある。サッカーの理想郷ができるかもしれない。
いつの日か、ソフトバンクホークスを越える人気スポーツクラブになるかも知れない(無理無理。しかし西鉄ライオンズだって消滅しかけたんだし、ダイエーホークスも消え掛けたんだし、今のホークスだって一寸先は闇だよ・・・・・)。

もし、今度J1に上がったら、排外主義は極力止めようと思う。大人のクラブになる時期に来ているしね。今まで背伸びしていたから。もう肩の荷を降ろして、自分たちらしく、一歩ずつ着実に、みんないっしょに成長しよう。(財政破綻した国はサッカーが盛んだと言うが・・・市民、県民から義援金で1億2千万円半年で集まったという事実は重い。)

だらだらと書いてしまった。

千葉に勝てずば上に行く資格は無いに等しい。少なくとも、それは越えて欲しい。

勝敗予想は、千葉に勝てば、+11点~13点=72点~74点。負ければ+5点~7点=66点~68点。と予想する。
[PR]
by worsyu | 2012-10-09 11:44 | サッカー | Comments(0)
<< 侮蔑、挑発行為 小野田寛朗 >>