神様が抱え込んだ2点

J1昇格残り1席を争う戦いが始まる。まずは京都戦である。
監督も選手もわれわれサポもほとんど同じ想い、考えを共有している。
京都は引き分けでも次に進める。大分は勝たなければ次に進めない。このことから、京都は最初は慎重に入ってくると思われる。そこに隙が生まれる。
大分は最初から前線でプレスを掛ける。中盤も同じだ。サイドは裏を取られないようにケアしながら。そして、ショートカウンターを狙う。当然のことだが、京都もそれを想定している。裏を取られないようにラインを高く保てない。
無理に仕掛けて体力を消耗するのは得策ではない。京都はミスをする。それが来るまで力を温存する。そして、その時に冷静に着実に決めることをすればいい。そのためにイメージトレーニングをすること。そして、周りを見ること。瞬時の判断で状況が一変する。

先取点は重要である。まずは先取点だ。どちらかが1点を取る。これで試合が動き出す。
1-0というアドバンテージを得たならば、試合を優位に進める努力をしなければならない。攻撃は最大の防御だ。いろんな攻撃をすることによって、相手に攻撃と守備のバランスがくずれる。一番大切なことは流れを自分たちの方に持ってきて保つことだ。それができれば試合を優位に進めることができるはず。逆に先取点を取られても、千葉戦を思い出し、走ることを忘れず、自分たちの流れに持っていけばいいのだ。

京都の方がプレッシャーがあるはずだ。引き分けでもいいという条件は、当然、早く先取点を得て、逃げの態勢に入りたいだろう。そこには、いつもと違う戦い方をし、精神的な疲労が伴う。
大分はベストのメンバーでベストのパフォーマンスをして勝つだけだ。不安定な要素を排除し、効率的に攻撃をする。
松本戦で2点入らなかったが、あれは決戦用にサッカーの神様が抱え込んでくれているものと思いたい。
[PR]
by worsyu | 2012-11-17 10:04 | サッカー | Comments(0)
<< 決戦は金曜日 楽しんで行こう! >>