「ほっ」と。キャンペーン

決戦は金曜日

京都戦はみんなよく戦いました。力を出し切ったね。大体想定していた流れだったね。
勝因は、みんなのやる気だろう。
しかし、まあ、最初はガチガチ。これは修正しないとね。
1点目。FK。森島。狙うのはあそこしかないだろう。カーブを掛けて見事なシュートだ。球筋も見事だった。GKはあそこはケアするべきだろう。ヤマを掛けないと取れないかもしれないが。ニアで合わせるなんて芸当は森島にはできないよ。
2点目。これが今年の森島の成長しているところ。その前の崩しとジョンファンの走りこみは見事だったけどね。
3点目。これを取って試合は決まってしまった。レッドが出たが、厳しい判定だったね。状況としてレッドとしたのだろうか?逆の立場だったら怒るだろうね。木島は、これに限らずよく走った。
4点目。これはもう、おまけなんだが、やはり交代した選手が走り勝った結果、森島に繋がったということだろう。
木島と森島、チェのコンビが上手く機能している。中盤も永芳、三平、丸谷が攻守に懸命に走り、チェックにも行っていた。土岐田も動いていたねえ。阪田、安川も徐々に安定感が出てきたかな。時々怖いことするが・・・
GKの丹野は乗ってるね。安定感がある。浮ついていない。集中しているのが見える。

さて、23日は決戦の国立競技場。千葉戦だ。予想通り相手は千葉となった。みんなそうなると思っていたのではないか?
以前にも書いたが、「京都、千葉を倒さない限りJ1はない」ということだ。

今の大分は昔の大分ではない。千葉も昔の千葉ではない。特に大分は走る。後半バテることもなくなった。前線からプレスをかけてくる。裏を狙う。サイドを切り裂く。クロスに対して積極的に人数を掛ける。より攻撃的なチームとなった。

千葉戦は、京都戦で見せた試合の入り方ではやられてしまうだろう。接戦が予想される。辛抱する時間帯が続くことが予想される。そうした中で、勝負を分けるポイントはもちろん先制点になるわけだが、これが決勝点になる可能性もある中で、どこまで責め続けられるか?意識が守りに入ったらやられるだろう。
お互いにサイドの裏のスペースをどう突くか。そして、守備ではシュートコースを消すことを第一に。とにかく走り勝つこと。そして、GKへの負担をできるだけ少なくしてやること。勝たねば負けるわけだ。どこまでも冷静に。なかなか点が取れなくてもあせったら終わりだ。千葉は逃げに掛かるだろう。
後は、楽しもう。楽しんだ方が勝ちだ。千葉へのプレッシャーはトリサポの笑いに掛かっている。ラテンの血が騒ぐ?・・・
[PR]
by worsyu | 2012-11-19 14:39 | サッカー | Comments(0)
<< 阿部華也子 神様が抱え込んだ2点 >>