「ほっ」と。キャンペーン

神宮の森に歓声が轟く

飛行機で駆けつけたトリサポ、新幹線で駆けつけたトリサポ、電車を乗り継いで来たトリサポ、車を飛ばして駆けつけたトリサポ。
国立の空は灰色だろうか?
大分で待機しているトリサポ、仕事で見ることができないトリサポ。
不安と期待ともどかしさが入り混じる時間を過ごしているだろうか?

前と同じことしか言えないが、監督と選手とトリサポと考えていることはいっしょ。熱い気持ちを持ち、でも冷静に、積極的に仕掛け、走り。でも余裕をどこかに持ち、最後の最後まで戦い続ける。

「背負っているものが違う・・・」

その言葉が聞けて何だかほっとした気分。ありがとう。一緒に戦おう。

神様が抱えた2点。そのうちの1点はまだ抱えてくれていると思う。
でも、自分たち、いや、みんなの力でもう1点は取ってくれ。
[PR]
by worsyu | 2012-11-23 11:32 | サッカー | Comments(0)
<< おめでとう 阿部華也子 >>