「ほっ」と。キャンペーン

2012年11月23日J1昇格プレイオフ決勝戦1

今回の戦いは大分トリニータの歴史に、いや、Jリーグの歴史に残る名試合となる。
この試合は何度も語り継がれることになる。いくら語っても語りつくせることはないでしょう。それくらいトリサポの中では想いはいっぱいある。
名勝負と言える。死闘と呼ぶにふさわしい。

試合前から結構ヒートアップしていた。
このJ1への昇格プレイオフは今年から始められた。引き分けならば上位のチームが勝利するというアドバンテージがあった。
大分は6位、千葉は5位である。
お互いに上位チームを4-0で倒して決勝に臨んだわけだが、千葉の方にアドバンテージは付いていた。

スポーツ誌上を賑わせたのは千葉の方だった。関東チームということもあり、容易に情報が漏れる。敢えて試合前にこのことは言わなかったが、次期監督問題でロンドン五輪の代表監督である関塚氏と交渉中という話がクラブ関係者からリークされたというわけだ。それから、選手たちには勝利給として倍額の提示があったとか・・・
まさに飴と鞭でクラブ側は決戦前にできる限りのことをした形となったわけだが、これが良かったのか悪かったのか、結果から言えばあまり良くなかったのではないか?とも思える。
私も含め、多くのブログを持つトリサポはこれらの報道に対し、敢えて無視した、と思う。それは選手たちに対して無駄な考えを持たすことになり、集中できない環境を与えてしまうことを恐れたからだ。

過去の対戦において千葉との対戦成績は悪い。なぜ悪いのか?それは私の中では解決している。走り負けていたからだ。だから負けていた。しかし、今年からは違う。それはみなさんご存知の通り、大分は走るチームに変わったからだ。最後まで走る。落ちないチームに変わったからだ。それは、千葉そのものも変化して昔の千葉ではなくなったということも言える。走らなくなった千葉。後半にバテる千葉ということだ。
私は千葉は今後大分に対し苦手意識を持つだろうと言ったが、それはそういうことなのだ。
[PR]
by worsyu | 2012-11-24 11:17 | サッカー | Comments(0)
<< 2012年11月23日J1昇格... おめでとう >>