2012年11月23日J1昇格プレイオフ決勝戦3

千葉の方から見たらこの瞬間だけ。わずか数秒の間。しかし、ここにいたるまでにはこの試合だけでも多くの伏線がある。そして、ここに至る両チームの経過があり、また、月日があり、歴史がある。

さて、試合はこれで終わりではない。残り時間5分。アディショナルタイム(ロスタイム)もある。
ここからどう戦うか。
本当の戦いはここからだ。逃げたら負けだ。隙を見せたら負ける。
緊張の中で刻々と時間が過ぎていく。解説の小嶋氏は「千葉は落ち着いている」と言っていたが、われわれにはあわてているのがよくわかった。
そして、西村の笛が鳴る。最初は、西村じゃだめかな?なんて思ったが、最後は西村でよかったと思える試合だった。やはり、西村は名審判だ、と思わせた試合だった。

三平のライン際の持ち上がり。よくがんばりました。怪我をしているのに。
最終ラインを統率した阪田。ここ数試合で随分成長したように見える。落ち着いていたと思うよ。
安川。一番がんばったのではないか?ぎりぎりのクリアに何度も救われた。守備はこういった修羅場を潜り抜けて成長していくんだね。足は最後まで止まっていなかったよ。
丸谷。もう一皮向けたらいいのに、と思う場面もあったが、積極的球にからんでいたし、GKへの関与もイエローにはなったが、挑発に乗らず冷静だった。あれでGKの集中力も緩んだ気もする。
宮沢はキャプテンである。主に守備陣と中盤との連携で安定性を保った。
村井は最前線に絡んでいた。攻撃に積極的に参加していた。気持ちのこもったプレイは皆を勇気付けた。
チェは最近いい仕事をしている。サイドを走りこみ。起点となっていた。守備にも果敢に戻ってゴールラインまで追いかけていた。運動量はすごいし、最後まで精度を持ってプレイしていた。

森島。とうとうやった。男になった。点は取れなかったが、仕事をしたよ。勝利に貢献したし、攻撃の中心として、日本を代表する大型FWとしての存在を改めて印象付けた。あまり調子に乗って吹かないように。口が軽いのが玉に傷。成長したのを感じた。

林。あの場面、たとえば途中から入った他の選手だったらどうだろうか、と考えてみる。どうなったかわからない。決まったかもしれないし、外したかもしれない。でも、あの場面で絶妙なタッチができたのは驚異的だ。下は雨で濡れているのに。普段からやっていないとできない。しかも瞬時にループを選択した。カズのループもきれいだったが、われわれトリサポにとっては永遠に忘れられない映像として残るだろう。
加入してきた林に対して冗談半分なのだろうが言った人は、今からでも遅くはない、謝って欲しいね。でもね、わかって欲しいんだけど、大分の人って割りとデリカシー無い人が多い。悪気は全然無いんだよ。林選手は多分それもわかっていると思うけど。
ああして全国放映で言われるとこちらもちょっと心が痛むね。

このプレイ、この1点を取るために居たわけではない。来シーズン、もし大分に居るのなら、もっと活躍して欲しい。トリサポはそれを望んでいるだろう。
[PR]
by worsyu | 2012-11-24 15:33 | サッカー | Comments(0)
<< 修羅場上等 2012年11月23日J1昇格... >>