スシローは美味い

古今亭志ん朝の落語の「そば清」の話。その枕で、子どもの頃、志ん生に連れて行ってもらった時に、「お前たちはそばや寿司をたらふく食いやがる。ありがたみがねえ。これは腹にためるもんじゃねえんだ。おやつみたいなもんなんだ」というくだりがある。

私は、寿司はすし屋じゃなきゃ食いたくない性質(たち)で、スーパーなんかで売られている寿司は、仕方なく食べるが、これは寿司であって寿司でない。
回転すしなんてものに高い金出して食うなんてのは、愚の骨頂みたいなもの、と思っている。
しかし、最近、「スシロー」は美味いと思う。タッチパネルでオーダーし、しばらくして流れてくる。シャリがほんのりと暖かい。この熱が大切なのだ。醒めてしまうとにぎりの寿司の魅力が半減する。冷たい寿司は本来の寿司ではないのだ。スシローでお持ち帰りができるが、醒めてしまったら美味しくない。
また、この酢飯がいい握り具合で、口の中で心地よくネタと混ざり合って良い。まあ、ちょっと崩れすぎな気もするが・・・
たかが、回転寿司なのだが、「スシロー」は結構美味い。場所にも拠ると思うが・・

これをたらふく食ってしまうと、寿司本来の美味さ、醍醐味が消えてしまう。腹七部目でとどめて置いて、余韻を楽しむ。満腹感を求めてしまうのはもったいないではないか。
寿司の醍醐味は腹七部目なのだ。

ついでに言うと、私は、あのしょうゆ注ぎが好きだ。ネタの上に一滴か二滴たらす。シャリには掛けない。醤油の風味を活かし、ネタの味を楽しむためにも醤油は2滴まで。
小皿に醤油をどっさり溜めて、そこにわさびを入れて溶かし込んでいる人もいるが、これはいただけない。
粋じゃないよ。

と、個人的な好みを言ってしまいましたが、日本の寿司の文化を存分に味わってもらいたいので、庶民でも工夫しだいで楽しめることを言いたかったのです。高い金を出せば、いいネタが乗っていれば、それなりに美味いだろう。でも、江戸前の寿司とは、握られたものをその場で食べるのが一番美味いのです。
高い金出して、冷たい寿司をたらふく食べて満足しているようじゃ、だめですね。

一番いいのは上手い寿司職人の居るすし屋で食べるべきでしょうが、庶民にとっては、限られた中でも楽しむことができるし、それはそれで馬鹿にされることではない。心の豊かさこそが粋なんだよ。

よかったら一度試してみてください。
[PR]
by worsyu | 2012-12-25 14:56 | ひまネタ | Comments(0)
<< 青い旭日旗 政治とプロレス >>