「ほっ」と。キャンペーン

馬肉は食べない

熊本に行ってきた。福岡はよく行くのだが、熊本は年に2、3回くらいか。ドライブするのが目的である。ついでに何か気に入ったものがあれば買い物をするくらいか。
熊本は大分よりも都会である。人口が多い。福岡との交通帯(アクセス)も発達している。動脈として繋がっているのだ。何といっても新幹線が通っている?
以前にも書いたが、衣料にしても品ぞろいが良いのだ。

昼食をとるためファミリーレストランに入った。騒がしい。なぜ、こんなにもぺちゃくちゃ大声で騒ぐのか?なぜ、子どもがきゃっきゃっ言っているのか?
海外でもチャイナタウンなんかに行くと、飲茶で中国人なんかが騒ぎまくってるのを見るが・・・文化が違うからね。

まず、着ている服に驚く。おじちゃん、おばちゃんたちは、どこで買うのかすごく地味な服を着ている。かと思うと、子どもたちは原色が入った派手な服を着ている。かと思うと、たまに、すごく決めている若い女性を見る。
顔立ちはきれい。やはり、福岡と鹿児島の中間。その先にある朝鮮民族の肌の白さと薩摩隼人の彫りの深さがうまく混ざっていて、九州の顔を表しているなあ、と感じる。まあ熊襲(くまそ)というと、これは蔑称になるのだが、古代より鹿児島とのつながりは深い。(今はそれほどでもないが、特に関西から見て、東北、九州は野蛮な国という意味で、蝦夷、熊襲と呼ばれていた。大和の時代だ。その名残は未だにかすかにある気がする。)
ついでに言うと、北九州に行くと、顔が変わる。これは、本州から流れてきた人たちのせいだろうか?大分でもないし、福岡でもない。言っちゃあ悪いが崩れているのだ。所謂、九州人の端整さがなくなるのだ。しかも、こちらは若者に若さが無い。というか、モノトーンが好きみたい。総じて地味だなあ。

福岡は言って見ればドイツ(東西に分かれていたという点も異質な2つがあると言う意味でも)のようなもの。熊本はフランス(農業国でカトリックという保守的な風土という点でも)。大分は・・・と考える。私はスイスになればいいと思っている。
簡単にはなれないし、その道は限りなく遠いけど。考え方としてスイスを目指すのが一番みんなの幸せに繋がると思う。
何をすればいいか?それは人それぞれ。感じ方も考え方もそれぞれだろうが・・・
まず、観光客、留学生、外人に対しては親切に、歓迎。そして感謝。だろう。
新しいことに対して貪欲に取り入れる勇気を常に持つ。開かれた空気を持つ。そして、より上質なものを求める気概を持て。

それから、個人的な思いだが、私は馬肉を食べることは好きではない。というか食べない。蛮人のやること。そう思われるのが嫌いだ。食べる必要がない。おいしいものでもないし。
同様の理由でくじらの肉も食べない。食べる必要がない。もちろん、おいしいものでもない。
同様の理由で犬も食べない。
百歩譲ってそれらがおいしかったにせよ、そこまでして食べたいとは思わない。君子は疑われることに近寄るなと言う。人間性を疑われることを敢えてする必要はない。しかも金を出して。成金の悪趣味に近いものがある。せいぜい、東京や大阪から来る考え無しの都会人たちが食べればいいこと・・・旅の記念にね。

わたしはごめんだ。
[PR]
by worsyu | 2013-02-25 10:58 | ひまネタ | Comments(0)
<< 豊という美 柚子の力 >>