ヨルダン戦

気楽な気分で見た。多分みんなそんな感じじゃなかったろうか。
軽い軽い。試合開始から日本は軽快に球を廻す。
清武うまいなあ。香川とのコンビ素晴らしい。
これが代表戦でなかったら楽しめる内容。
こんな入り方で大丈夫だろうか?
まあ、前半終了間際にコーナーから失点。
岡崎が付いていること自体意味不明。
マーク自由で随時付くということか。疑念が残る。リスキーである。
この失点が全てだろう。
この試合に掛ける気持ちが全然違う。

後半途中から退屈で寝てしまった。

2-1で負けた。
当然の結果だろう。

本田、長友を欠場は大きかった。
攻撃面ではもちろんのこと。守備面でも大きかった。
本田の身体を張ったプレイ。長友のリカバリーの力も大きい。

2点目。スイスイと抜かれ決められてしまった。あそこまで行かれる前に何か手立てはなかったか。

全てにおいて気持ちの欠けたサッカーをした。

アジアの中で頭一つ抜けた存在になりつつあることは事実だろう。
しかし、その差はほんの微々たるものに過ぎない。
そのことを思い知らされた。
ブラジルW杯に出場することで満足しているようじゃ結果は知れている。

いい薬になったのではないか?
まだまだやるべきことはいっぱいある。
チームとして補強する部分。新たな戦力を必要としている。
やはり、遠藤、今野は劣化を感じた。それから前田も力強さに欠ける。
[PR]
by worsyu | 2013-03-27 17:37 | サッカー | Comments(0)
<< 10対3 戦いの始まり >>