「ほっ」と。キャンペーン

かすかな光

ナビスコ杯予選ではあるが、ホームでFC東京と引き分けという結果は、一歩前進と言えるのではないか?

引き分けで喜んでいるようじゃだめなんだが、失点0に抑えたという点でDF陣に対しては評価できるだろう。

GKは丹野に戻した。正解だ。
3バックの阪田、若狭、安川。
そして、今回はサイドに松原とチェ・ジョンハン。この両サイドの2人がどれだけ上下に動けるかでこのシステムが機能するかしないかが決まる。そういう意味ではよかったのではないか?

宮沢とマンシャ。この2人の息が合ってくれば、安定感が増す。宮沢がどこまで持つかという問題もあるが、現状では、バランスを保っている。木村や永芳や丸谷がもう少し使えればいいのだが・・・

FWは村井と小松、林の熟年コンビではあったが、ここのセットは迫力不足。森島、木島が出てきてようやく迫力が出た感じか。リーグ戦では、当然この組み合わせは逆になるわけで、トップ下に誰が来るかで本当の勝負が出来るようになる。
ここには、現状では松本玲だろう。次が村井。そして、故障中の為田。西はスピードと先を読む目を持たないと使いづらい。

2トップは、森島、木島。サブに高松、林。

後は試合の流れをつかみ、コントロールし、勝負どころのポイントをしっかり集中して戦えれば、勝利が転がってくるだろう。
努力を惜しむな。冷静になれ。
集中しよう。集中!集中!声出して行こう!セットプレイは特に「集中!」の声出しを徹底!!!!!

点入れて喜ぶのは勝つまで辞めて欲しい。「シーッ」でいいではないか。

まだ、光の筋は見えず、かすかに、かなたに光のようなものがおぼろげに見える。
たとえ勝ってもなぜ勝てたかわからないだろう。それでいいんだ。
勝つ理由なんてない。必然もない。ただ、負けるには負けるだけの理由があり、必然がある。
だから、何度も言う。状況判断を誤らないように冷静に。
DFがくだらんプレッシャーで堅くなるなんてのはやめてくれ。そのための練習だ。反復練習して精度を上げて欲しい。何度でも、何度でも。

まず、1勝。次はホームでの1勝。次は連勝。となる。
前半を終えた時点で勝点18は欲しいなあ。
前半残り10試合。4勝4分2敗。
そこまで勢いつけるにはサポーターの盛り上がりが必要。
勝ったらお祭り騒ぎくらいのヒートアップが必要か。それくらいやらないと選手のモチベーションは上がらないだろうね。
勘違いさせるくらいに燃え上がらないと、このリダッシュはできないよ。

そろそろビール飲みてえなあ~。酒、勝つまで飲まん!!って、別に飲まなくてもいいんだけどね。個人的には。
かなり溜まった。
[PR]
by worsyu | 2013-04-25 18:27 | サッカー | Comments(0)
<< 雨あがる-剣の達人 山本潤子の歌声 >>