4年ぶりの勝利

J2で6位のチームが1勝上げるのはこんなに難しいのか。苦労したね。でも、流れがよかった。みんな闘っていた。最後まで走っていたね。ジョンファンの上がりも無駄じゃないよ。

改めて関西のトリサポ及びアウェイ時でのトリサポの皆様に敬意を表したい。すばらしい応援でした。心に響きました。

前半、何度も決定機を防いだGKの丹野は今やトリニータの要。私は彼を強く推しているが、まだまだ伸びる。

マンシャを1ボランチにしたことで、とてもすっきりした。これが一番の手だったと思う。これでいいのではないか?今後、マークされ、研究され、潰されようとするだろうが、彼なら対処してくれると思う。彼が中盤の守備の要になることで攻撃のバリエーションが増え、前線に余裕ができる。
そこに運動量の豊富な松本や為田他の若手選手を使ってかき回せば、相手にも穴ができる。
前半、後半を通して闘えていたのはマンシャのがんばりに拠るところが大きい。

今回理想的な形で試合が進行していったのは、、監督の選手交代も効いた面もある。

守備は2点失点したわけだが、しょうがないだろう。2点目は若狭がコースを早く察知して消していればよかったのだろうが、ゾーンのため、一瞬遅れた感はある。だからしょうがないのだ。その分、ゾーンで防げた部分もあるわけで、これからの練習で精度を上げていけばもっと良くなるんじゃないか?

高松も森島も器用だねえ。だから、ここに2列目、3列目が走りこんでいけば、何かが生まれる。ハイタワーFW2人を擁して、90分間戦い、勝てたというのも大きい。うまく使えたということだ。それもマンシャがチームに馴染み、彼が機能し始めたということで今回の勝利に繋がったのだと思う。

それにしても、遠かった1勝。ここまで苦労するのか?でも、これがJ1なのだ。J1の1勝はやはり違う。噛み締めて味わい深い。
4年ぶりのJ1勝利と言われるとその重みも感じる。また一歩踏み出したのだね。

昨日はこれまで禁じていたお酒を飲んだよ。一杯だけだけどね。まだ1勝だから。
[PR]
by worsyu | 2013-05-19 09:11 | サッカー | Comments(0)
<< W杯出場決定したにはしたが 宇宙戦艦ヤマト愁1 >>