マリサポの本質

サッカー東アジア杯で日韓戦が行われた。
韓国サポーターは例によって政治的挑発行為を行った。日本人全体に対してだ。国歌が流れる時はブーイング、そして、蔑視ダンマクを張った。
さて、それに対して日本サポは何かしたのだろうか?
唯一、旭日旗を振り回した輩がいた。
この行為そのものに対しては、賛否両論あるだろう。旭日旗は、右翼や軍国主義を連想させる旗であることは事実である。しかし、日本人にとってはそれほど過激なものとも思えない。なにせ、平和国日本がやることだから、少々のことは問題ない。
もちろん、韓国側は騒ぎ出した。特に戦前の日本文化に繋がるものは排除する理屈からいけばそうなる。
この神経質とも取れる苛められっ子症候群には辟易させられるのだが・・・
日本サッカー協会は韓国サポの政治的挑発ダンマクに対し東アジア連盟に抗議文を提出した。
しかし、この旭日旗を掲げた奴のおかげで、我々を罰するならば日本も罰してくれという口実を与えてしまったのだ。ちょっと複雑なことになってしまった。

そして、この旭日旗を揚げた人間が最近わかったのだ。何と、マリサポだったのだ。写真を良く見ると、マリのユニを着ているではないか!emoticon-0104-surprised.gif
しかも彼はマリサポの中心グループのリーダーの友達ということらしい。つまり、マリサポの端っこの人間ではないということ。責任がある程度取れるマリサポの示威行為であったということがわかる。
それでは、彼らは何を目的にこのようなことをしたのだろうか?

いろんなことが考えられるが、私が考えるには、マリサポは日本の国粋主義的風潮が嫌いではありませんと言いたかったのではないか?ということだ。そこには、マリサポが反社会的、反日本的な行為が好きだという風潮(事実emoticon-0127-lipssealed.gif)を払拭したいという気持ちが見える。旗を掲げた彼が望んだのは「マリサポに市民権をemoticon-0136-giggle.gif」ということなのだ。それは単なる目立ちたがり屋の行為に見せかけた工作的行為であり、心が無い。醜い行為なのだ。

いみじくも、「ニッパツダンマク事件」で語ったように、マリサポの中枢とは、こういう連中なのだ。そんな相手とまともにダンマクで対抗してはいけないということだ。同じ感覚の人間に見られてしまう。すでに「ダンマク合戦」と書かれてしまった。しかし、中身は違うよね。

今後、他サポはやるかもしれないが、トリサポはやってはいけない。
関東のトリサポはそのことをよくわかっている。同様、トリサポの中核はわかっているだろう。しかし、ニワカは知らないかもしれない。だから、口を酸っぱくして言うのだマリサポに関わるな、と。

まあ、結果として、マリサポは筋金入りの反日だということになったわけ、なのかな?・・・ちょっと引くね。emoticon-0101-sadsmile.gif

どちらにせよ、今回の事件はなるべくしてなった気がする。マリサポとはそういう存在なのだ(私はこれまで何度も言ってきた。私は預言者ではないが、結果として私の目は濁っていなかったということだろうか)。大分の人は人が良いから彼らの本質が見えない。騙されないように!!emoticon-0141-whew.gif気をつけようね。(どうせ、あいつは本当のマリサポじゃねえって言うだろうけどね。ご都合で。嫌だ嫌だ関わらない関わらない・・・・)
サッカーに集中して、サッカーで楽しもうぜ!
[PR]
by worsyu | 2013-07-30 13:49 | 時事ネタ | Comments(1)
Commented by http://bon at 2014-07-29 07:39 x
http://boleti.getsunpath.comhttp://boleti.getsunpath.com
<< シャムスカ待望論 大商の普通の眉毛が好き >>