乙津くんのけれんみのなさに驚く

全国高校野球選手権がいよいよ甲子園で始まる。
大分商業の対戦相手は東東京代表の修徳高校である。
もっと弱いところと対戦して欲しかったが、今更仕方が無い。

ところで、先日の抽選会の後のインタビューを受ける両主将の話を聞きながら思ったことは、どっちが都会の高校でどっちが田舎の高校かわからない、ということだった。
何といっても大分商業の乙津くんのしゃべりがあまりにもスラスラと訛りも無く、しかも、緊張も感じられず、落ち着いた対応とけれんみのない誠実な答え方をしていたのが見事だったからだろう。
対する飯野君の方が緊張していたように見えたし、ちょっと千葉っぽ(訛り)かったか?多分気のせいだけど。

葛飾というと、荒川の向こうは千葉か埼玉感覚でいけばその間ということになる。まあ、映画の寅さんの柴又(東京の田舎という架空の設定)ほどの田舎ではないし、浅草またいで電車に乗れば秋葉原に遊びに行けるし、十分都会といえば都会なのだが。

まあ、言って見れば下町の外側の人たちの住む町ではあるね。ベッドタウンとしては、開けた松戸にするか、物好きな人は古い人情が残っている葛飾にするかってところだろうね。東京理科大があるのが自慢かな。

すごいのは指原だけとは言わせたくないねって、これ言ったのはマリサポだったね。
でも、大商野球部の存在を示して欲しいね。

健闘を期待している。

勝利インタビューで乙津くんのけれんみの無い話を聞いてみたいなあ・・・・癒される。
[PR]
by worsyu | 2013-08-07 17:02 | ひまネタ | Comments(2)
Commented by ホルタービキニ at 2014-07-28 02:13 x
Howcome no company is speaking about watch and due to this fact the things that one ought to take care of right now.
Commented by メジャークラフト フ at 2014-10-11 08:41 x
Examples Of The Technique That's Actually Aiding bag-industry experts Grow
<< 大商喜び隊 シャムスカ待望論 >>