1億ドルの足

後藤郁(ごとうみやこ)は確かにきれいな顔をしている。彫りが深い。しかし、歳を取っていくと少女性がなくなって行く。
残念なのは足なのだ。太い。健康的である。しかし、この太さはアイドルにとっては致命的なのだ。
現在のアイドルにとって足とは欠かせないものになってきている。顔はどうにでもなる。しかし、足はなかなか痩せない。しかも長さも必要だ。胴体とのバランスも重要。

指原女史は、その点、抜群に良い。この足だけでアイドルをやっていける。
細くもなく、太くもない。長さもちょうどいい。肉付きがちょうどいいのだ。
同じくスタイルという点では、前田敦子も良かったが・・・
おそらく、これは自分の勝手な嗜好なのかもしれない。足のきれいな女性は、やはり輝いて見える。痩せすぎはだめ。

指原女史の足はアジアを征する。
私は秘かにアジア戦略を練っている。
中国で握手会&トークで盛り上げたい。
その時は眉毛老人の村山元総理も同行させたいが、高齢のため、実現するかどうかはわからない。
武漢市と友好都市関係にあるので、釘宮市長を連れて行ってやる方が現実的か・・・HKTメンバーを連れて広州市に行くというのも良いかも。その時は福岡市長の高島氏も同行願いたいものだ。


1億ドルの足―2本合わせて2億ドルの脚線美というのはどうだろうか?保険掛けても良いよね。
[PR]
by worsyu | 2013-09-26 18:53 | 芸能ネタ | Comments(0)
<< 魂のサッカーを求めて やり直し >>