大分トリニータよ生まれ変われ!

昨日のFマリ戦で、私は、実は、ファウル数を数えていた。前半、大分は10、内一枚イエロー、横浜は6or7だった。そして、10個目のファウルからFKで決められてしまった。これをどう見るか。ファウルで止めなければもっと入れられていたのか?それとも、横浜以下のファウル5くらいでやっていれば、失点しなかったのではないか?私は後者なのではないか、と思った。吉武氏の考えで行けば、ファウルを少なくするには、それだけの技術と走力と冷静な心が必要だ。審判に対してクレームを多くしていたのは横浜側だった。監督も含めて。 もう、こんな試合は見たくない。ファウルをいっぱい犯して勝っても意味が無い。紳士ではない。きれいごとと言ってはいけない。審判の指示に従い、日本サッカー協会の指針にも従うこと。そして、それが清く正しく美しく、そして強さに繋がるという吉武サッカーに繋がる。U-17日本代表が果たして世界一になれるか?証明できるか?世界一になれなければ意味が無いのか?大分トリニータもサポもそろそろ気づいているはずだ。このままだと沈んで行くだけだと。大分だけのカラーを作り出さないといけない。いつまでも、地域愛におんぶにだっこだと続かない。サポートする意味が浅い。魅力がない。下部組織の人間形成をサッカーを通じて行ってきた結果、トップに入った途端、反則だらけの汚いサッカーをやっていたら、誰も来ないよ。セレッソみたいに育成に特化してところてんのように次々に若手選手を輩出していくやり方もあるが、それよりも、吉武方式で、独自のサッカーに特化することで、他チームに入れなかった選手を集めて、強くする方がありだと思う。清く正しく美しくサッカーをやってきた高校生たちを受け入れる器として再生して欲しい。私は、大分という地域ならそれが出来ると思う。当然、サポも覚悟がいる。今までの応援方式、マインドが変わる。でも、変わらないものがある。「魂」だ。だから、魂のサッカーをやろうと言うんだ。横浜のサッカーに魅力を感じただろうか?浦和や鹿島のサッカーもそうだ。 そのためにも、勇気をもって、正しい方向にクラブを転換させて欲しい。そうすれば、必ず再生する。いろんな経験を経て、ここにたどり着いた。この一歩は勇気がいる。しかし、それを証明することが、大分が再生する道だと私は信じたい。 吉武氏もそれを望んでいるに違いない。絶対にそうだ。 できるわけない。大分にそれが出来るわけがない。いや、できるはずだ。大分だからこそそれができるんだよ。 みんな繋がっているんだよ。何もかもが。胸に手を当てて思い起こせよ。
[PR]
by worsyu | 2013-10-28 11:33 | サッカー | Comments(0)
<< U-17ナイジェリア優勝 吉武イズム >>