西川周作は大分のヒーローだ

負け犬の遠吠えではないが、勝手に吼えるんだからいいだろ。

浦和が水面下で広島のGK西川獲りに動いているそうだ。
現在、浦和の監督はペトロビッチで、元広島の監督である。そのせいで、浦和に広島の選手がワンサカ加入している。森脇にしても、槙野にしても、柏木にしても、どっぷり浦和色に染まっている。なるべくしてなったと言えよう。柏木はちょっと違うか?まあ、どうでもいい。勝手にやってくれ。
しかし、だ。西川は違う。
勝手な横恋慕?
西川は浦和色に染まらない。染まって欲しくないし、違うよ。

大体浦和色とは何か?
鹿島色とは違うのか?

もし、西川が浦和に移籍したら、個人的には、Jリーグを見る楽しみが無くなってしまう。汚れて欲しくない。汚れなくてもやっていけるという姿を見たいのだ。

大分は昔、昇格争いで、浦和、東京、新潟と競い合った。この3チームー特に浦和とは、相容れない器、チームカラーなのだ。そして、そうあるべきなのだ。大分は、本来、その中に入るべきクラブなのだ。昔の西鉄ライオンズが身売りした後、福岡の地にホークスがやってきてやがてソフトバンクホークスとなって現在があるように、大分も、苦難の歴史を歩みながらもいつか本来の位置に戻らなければならない。その価値があるから応援している。その方がJリーグが面白い。このモチベーションがあるから大分トリニータの存在意義があるとも言える。
西川が示したプレイスタイルは、我々にとって範である。

大分を作り直すためには多くの問題が山積している。スタイルの確立さえままならない現状で、私は、何度も言うが、清く、正しく、美しきサッカーを目指せと言いたい。
勝手な言い分だということはわかっている。しかし、多くのトリサポも同じ思いだろう。
浦和は無い。あってはならないことだ、と。
借金のかたに売ってしまったという後悔と、同時にこんなクラブじゃ西川に申し訳ないという気持ちがあっただろう。広島に移籍ということに多くのトリサポは安心し、喜び、活躍を願った。
今も、西川のプレイに酔いしれているトリサポも多いだろう。そして、西川のプレイが多くのサッカーファンを引き付け、そして、少年少女たちに影響を与えている。
日本代表の守護神が浦和であってはならない。(勝手な思い)
私は、断固、反対したい。

浦和に西川?冗談じゃない。笑わせる。

西川は大分のヒーローだ。これは間違いない。
[PR]
by worsyu | 2013-11-12 18:06 | サッカー | Comments(0)
<< 浅田真央とラフマニノフ 唾棄すべき試合 >>