「ほっ」と。キャンペーン

ちょっと気になったこと

トリニータが統営カップで優勝した。しかし、中央のメディアは取り上げず。
おかしいのではないか?
というか、サポーターは、怒りを込めて抗議して欲しい。こういう時に抗議するものだ。

清水の新監督の長谷川健太氏が「Jリーグで30代監督は私だけ」というコメントを出していた。
おかしいのではないか?わずか、3ヶ月しか変わらないのに、リーグ最年少監督だとか言っている。まあ、日本の学年でいうと違うわけだが。
ファンボカン氏も39才(2月26日現在)。しかも、国際的なネームバリューは数段上なのに、無視したような発言。しかも、マスコミは訂正せずそのまま放映。
怒ってもいいのではないか?(3月1日の時点で40才になりました。)
おっ、こいつら手ごわいと思わせるサポーターになって欲しい。存在観を示して欲しい。コアサポよ。マスコミ対策部隊があっていいのではないか?
とにかく、舐められすぎ。クラブ側は、取材拒否という方法もあるが、サポも戦って欲しい。

クラブトリニータに行ってきた。
あの、でかい見づらい画面のTVでは観戦したくないな。ぼやけて何がなんだかわからない。液晶のちっちゃい方がよくわかる。買い換えて欲しい。できれば。
変な所でケチるなあ。37型~40型で40万円前後だよ。それぐらいの大きさで十分じゃないのかなあ。

開幕戦を迎えるというのに、盛り上がりに欠けるという面がある。それは、Jリーグ自体が抱える問題でもあると思う。日本代表の人気度に比べるとJリーグ人気は低い。
浦和みたいに、社会現象としてレッズサポが取り上げられるようになれば認知度が上がるのかもしれないが、ああいうのは好きではない。埼玉県は、高校サッカーでヤジを入れたり、ブーイングをするようなサッカー文化を育ててしまった。
アンチ浦和を前面に出して欲しい。サポは、なぜアンチなのかを言って欲しい。(いや、これは、私の意見です)
それから、女性の力で盛り上げて欲しい。期待している。以前も書いたが、トリニータは山車であって、それを担いで盛り上がっている人たちを観に客は集まる。また、その輪に入ろうとするだろう。年間チケットを買っていなくても、人づてに聞いて行きたくなるだろう。純粋なサッカーファンで観にきているのは、4千人くらいだろう。祭りにすればいいのだ。

浦和戦は、声を嗄らして戦いきろう。そして、勝つ。浦和サポが荒れまくる姿を見てみたい。スタジアムのイスを壊したり、スプレー書きしたり、大分サポを威嚇し、暴力を出したりする姿を見てみたい。その時点で初めて浦和サポに認められたことになるからだ。
[PR]
by worsyu | 2005-03-01 02:44 | サッカー | Comments(0)
<< 不覚。 未来に向って叫べ-それが必要悪... >>