大銀ドームが揺れる日

甲府はかなり守備的にきていた。守りのブロックを崩されないようにしていた。従って、大分が押し気味ではあった。しかし、これは甲府の戦略。それでも甲府のゴールは割れなかった。

一方、大分のゴールは、何度か決定機を作られたが、何とか凌いだ。相手のミスにも助けられたか。
それにしても松原崩されすぎだろう。これじゃあ、使えない。でも、あそこで足を引っ掛けなかったことで、却って失点を防いだのだと思う。FKを与え、イエローを貰うくらいなら、あそこでギリギリのプレッシャーをするだけのプレイで正解だった。もちろん、理想は、競り合って外へ球を出すことなのだが。安易に反則をするよりも、フェアプレイをすることで、試合の流れを呼び寄せることが出来る。逃げちゃだめなんだよ。
清水も少し安定してきた。甲府が引いていたのでそれほどの機会は無かったが、それでも、無難にはプレイしていた。多少、心は強くなったかな。もっと、声を出して良い。遠い目をするな。眉間にしわを寄せろ!!

今季の大分の低迷の原因は、自分なりには理解している。
まず、3バックにこだわったこと。これは、何度も言うが、常にサイドにスペースを空けて、そこに誘い込み、それでも凌いで、そこから反転攻撃をする力を持ったDFが居れば成り立つ戦法。それほどの力が無い中でこれにこだわった理由がわからない。このリスクを負いながら戦ったわけだから負けるのは当然。

次に、FWにスピードのある選手をあてがわなかったことで、相手DFは守りやすかったはずだ。時には高松、森島のツインタワーで戦っていた時もあった。私はこの布陣に対してかなり批判した。

この2点だけでも、降格する原因になったと言って良い。その対処法を見出せなかったこと。頑固に変えなかったことで取り返しのつかない泥沼へとチームを落とし込んでしまった。勿論、責任は監督にある。しかも、選手を競争の名のもとに入れ替えすぎて、チーム戦術と連携の熟成が果たせなかった。
現在、4バックにして、FWに後藤や、今回は林といった裏へ仕掛ける選手と高松との組み合わせで安定した戦いをしている。
守備が安定したことで、前線からの守備もできているし、中盤で囲い込むこともできている。
甲府戦は、林も良かったし、後藤も良かった。
何よりもイエローが無かったことが良かった。反則は甲府の方が多かったと思う。試合は引き分けたが判定でいけば勝ちだっただろう。

さあ、ちょっと早いが天皇杯である。Fマリである。これに勝つことしか今年の盛り上がりは無いだろう。国立までとは言わないが、せめて、Fマリには勝って欲しい。
戦い方は、「清く正しく」である。反則したいところを我慢して凌ぐ。そうすると、Fマリがイライラし出す。突っかけてくる。相手をしない。審判に抗議することも極力抑える。フェアプレイしよう。
俊輔にフラストレーションを溜めさせる。そうすれば何かやるよ。彼らは審判は自分たちの味方だという思い込みがある。それが墓穴を掘るはずだ。シミュレーションショウが始まるはずだ。それを審判がどう取るかだ。結果、負けたとしても、それは負けではない。審判だって間違うこともある。フェアプレイしよう。それが、明日へと繋がる。大分の子どもたちは見ている。全国の子どもたちも見ている。どちらが勇者かを。
結果の勝ち負けだけじゃないんだよ。でもサッカーの神様は必ず見ていてくれる。勇者に微笑むはずだ。

まあ、そんなに上手くいくかどうかわからないが、辛抱して、愚直に、魂込めて戦おう。
冷静に、冷静に。最後まで戦おう。
(ところで、マリサポだが、鼻持ちならない、筋金入りの反日なので、たとえ、天皇杯だからといって何やらかすかわからない。我々は天皇の忠実で誠実な僕であるからして、煽られても変な行動は慎むように。下手に関わるとしばかれるぞ!!041.gif

清水・安川・高木・阪田・土岐田・マンシャ・宮沢・為田・木村・後藤・高松でいいのではないだろうか。控えは上福本・深谷・若狭・松本・丸谷・西・林でいいのではないか。

ここでやらなきゃ、何のための一年だったのかわからないぞ!!!

大銀ドームを揺らしてみろ!!
[PR]
by worsyu | 2013-11-26 11:11 | サッカー | Comments(0)
<< 日本サッカーの未来を託す 大分舞鶴高校ラグビー部優勝 >>