判定なら勝ち

天皇杯準々決勝は残念な結果となった。しかし、90分の間では引き分けだったし、イエローカードをFマリは2枚も出しているので判定があるならば勝っている。
どちらが紳士的なサッカーをしていたかというと、紛れも無く、大分の方だっただろう。これは胸を張っていい。

後藤に過度の可能性を見るのは危険だが、いい働きをしていた。もう一人こういう裏を狙えるFWが欲しい。
森島は後半リードされてからの投入だったが、これは残念な采配だった。
宮沢から永芳への交代は遅すぎた。交代してから中盤が締まった。
高木のあの失点に繋がるミスは難しい球ではあったが、これを大きくクリアするなり、足元でコントロールできなければ清水では止められない。

もっとフィールドを広く使ったサッカーをして欲しい。走り勝つんだったら、もっとスペースを使わないと。パスを受ける練習が足りないのではないか?どんな速いパスを貰っても安定したトラップができるように練習して欲しい。スペースは動いて自分たちで作り出すことも大切だ。

勝てる試合だったし、決定機はFマリよりも上回った。これから2年、3年後にはFマリを上回る可能性も見えた。ただし、采配には疑問があるし、田坂でなきゃならない必要性も感じなかった。

CBに上手い選手が欲しい。若くてもいいから技術的に優れた選手が欲しい。阪田は根性がある。高木は身長がある。しかし、2人とも技術には疑問符が付く。90分間持たない。これで3バックをやろうとしていたのだから驚くほか無い。

とにかく、イエロー無しで戦えた事を讃えようではないか!!

トリ戦士は勇者であり、紳士であったよ。
[PR]
by worsyu | 2013-12-24 14:32 | サッカー | Comments(0)
<< 柳亭市馬 トリサポよ紳士であれ >>