吉武氏に見る大分の可能性

吉武博文氏を皆さんご存知だろうか?
と、かくいう私も、面識があるわけではない。現サッカーU-16日本代表監督で、S級ライセンスを持つナショナルトレセンコーチであリ、大分トリニータU-15コーチである。
そして、何よりも、私がその人の存在を知っているのは、永井秀樹、三浦淳宏を育て、明野中学で全国制覇を成し遂げた人であるということ。また、三浦淳が同氏と出会ってドリブルの大切さを知り、感謝しているという言葉を以前聞いたことからなのだ。

吉武氏のU-15日本代表監督としてのブラジル遠征の模様は以下のごとく。
http://tech.ofa.or.jp/Interview/04-08-20.htm

サッカーに対する愛情や情熱、そして非常にクールで合理的な考えに感心する。
合同新聞が刊行している「ミックス」にサッカーの楽しみ方みたいなコラム欄ができたそうで、立ち読みでもいいから読んで見たらいいと思います。サッカーの正しい接し方、見方がわかります。「目からウロコ」状態になりますよ。人徳者ですね。
同氏の大分にサッカー文化を根付かせる想いを陰ながら見守り、できれば少しでも支えたいね。
U-15のMF清武と吉武監督がフランスモンテギュー大会で活躍することを願いつつ。
[PR]
by WORSYU | 2005-03-08 17:50 | サッカー | Comments(0)
<< 新潟のカウンターサッカーにやられる 東京大空襲 >>