強さと弱さ

カマタマーレ讃岐戦。
北Q戦に続いてまったりした動きである。パスが遅い。短い。細かい。狭い。それでもミスをする。まあ、仕方ない面もある。慎重になるが故なのだろうか。
このテンポじゃだめだね。今のパス速度が2倍になったら、このチームすごいぞ。
PKの1点だけだったが、強さが見えた。でも同時にこれじゃあ、まだまだだという感慨もある。
試合開始から30分間、どっちもどっち。しかし、そこから次第に讃岐の動きが落ちていく。魂が抜けたみたいに閉じこもり始めた。
当たりが強いし、ラフプレイも多い。これがJ2。醜いものだ。しかし、これに応じてはいけない。我慢しなければ。
不必要なファウルは、その場しのぎで、結局は自らの首を絞めることとなる。
讃岐のDFのラフプレイは、結局、PKという形に終結した。これは他人事ではない。大分もこの道を歩んではいけないのだ。
田中輝希のイエローは、やはりやりすぎだ。必要ない。自分をコントロールできていない。
チェの動きは躍動的で、攻撃面も守備面でもいい働きをした。しかし、あの刺青は何だ。何を考えているのだ。テープを巻いて隠せ。勘違いをしては困る。君のプレイには熱い魂を感じるが、それをコントロールできなければ、試合に出る資格はない。
阪田と高木のDFはJ2では信頼できるレベルだ。J2では、ある程度予想した通りに動く。しかし、もし、不確定な動きをされたり、イレギュラーがきた時、対処できるだろうか・・・
危険なプレイで一か八かで身体で飛び込んでくる輩は別にして、わずかな確率を求めた攻撃で破られそうになった時のリスクをどう軽減化するのか。カバーの決め事を整え、キーパーの負担を少なくする必要がある。
GKの武田は思っていた以上に安定している。技術も高い。久しぶりの逸材である。J1へ昇格するためには、GK武田の活躍は絶対に不可欠だ。彼の成長を願って止まない。そして、失点よりも怪我の方が心配である。
チームは、まだまだ連携が取れていない。細かいミスが続く。しかし、そんな中でも、可能性を感じる。熟成すればもっと良くなる。焦らず、パスの精度とスピードを上げていけば、自然と点は取れるようになるだろう。
無理なプレイをする必要は無い。反則覚悟でプレイする必要は無い。もっと志を高く持って欲しい。勝利や勝ち点はもちろん欲しい。しかし、それは手段であって目的ではない。いっしょにサッカーを楽しみ、作り上げたい。心をいっしょに戦いたい。
清く正しく美しいサッカーは見ていて楽しいし、応援したくなる。たとえ、1-0であろうと、0-0であろうと、たまに負けても、全体のサッカーを見れば、彼らが目指すものをいっしょに追求したくなる。

京都、湘南、磐田。これらのチームとどう戦うかだ。そこで真価が問われる。それまでにチームの熟成を進めていかなければならない。チームも選手個人も、そして、われわれサポも成長しながら、サッカーと向き合いたい。



 


 


[PR]
by worsyu | 2014-03-17 20:06 | サッカー | Comments(0)
<< 吉木りさの巧みさ 正しいサッカーをやろう >>