シャムスカに逢いたい

磐田戦について。

岩武のミスは痛かった。珍しく空振り。あそこは、球もそうだが、相手を見なければ。飛んだら、絶対に当てなければいけない場面。これまで何度も堅実なプレイを見せてきたのに残念だった。若さは理由にならない。2度としないようにしてほしい。

阪田の棒立ちもどうかと思う。壁に徹しているから、相手は狙いやすい。壁にすらなっていないが。後ろにパスされるという考えがないから動かないのだ。待っていたらやられる。J2レベルなら通じても、それ以上の相手ならやられる。J1で何も学んでいないのか?というか、頭使っていない。周りが見えていない。
山田がキープした途端にファーサイドに走りこんだ前田の判断は素晴らしい。これに合わせて山崎はシュートパスを出しただけなのだ。

これは、前田がゴール前で動けば何かが起きるという確率論ができているということだ。つまり、形にこだわれば、その形ができるまで延々と繰り返す。しかし、ゴールゲッターが決める確率でボールを供給すれば、いつかはゴールが生まれる。形ではないのだ。
前田をフリーにさせた時点で、決まりだったか。

トリニータの守備は緩い。危なっかしい。特にゴール前、人に付くということをしない。だから、スペースが生まれる。それでも、首の皮一枚で凌げる自信があるのだろうか?それとも、得点する力を過信しているのだろうか?私にはわからない。

GKの武田だが、無難な働きをしている。しかし、物足りない。何だろう。動きが優雅で無理が無い。落ち着いている。
フットサルの決勝を見たからか、日本代表の関口の活躍と比べてしまう。彼はとにかく、ファインプレイをするたびに「メンタル」左胸を右こぶしで強くたたいてアピールする。みんな奮い立つ。見ているこちらも勇気づけられた。(バサジィ来ないかなあ~)
GKはメンタルなんだよ!プレイスタイルは違うかもしれないが、武田ももっと周りのみんなを鼓舞するくらいやってほしい。

後半になって、確かにトリニータの動きが良くなった。というか、磐田が落ちた。歳のせい?ベテランが多いから、計算して試合の流れを読もうとしてしていたのかもしれない。凌げばチャンスは来る、と。
しかし、大分の動きの方がまさったし、執念がまさったと言える。安川は謙遜していたが、あれは見事だ。確かに、前田は全く棒立ちだった。腕を広げてチャージするわけでもなく、前はガラ空きだった。磐田でもミスをするのだ。

試合の方は、このまま、両者譲らす引き分けに終わった。後藤のパンチ気味のシュートは見事だったが、末吉のミドルと同じく、たまたまだろう。コントロールできるようになれば得点につながるかもしれない。
磐田がイエロー2枚である。したがって判定では勝ちだ。評価していい。シュート数、支配率、決定機等、大分の勝ちに等しい内容だ。しかし、結果は引き分け。
悲観せず、清く正しいサッカーをしている大分トリニータを応戦したい。

今回、試合の2日前に静岡入りしたそうである。この試合の意味がよくわかっている。監督の評価が少し上がった。

後半戦のような戦いができれば、と言うが、これほど気持ちが入ることがあるのだろうか?大分の後半の動きや球に対する執着心、そして、グラウンド全体を走る動きがシーズンを通してできるとはとても思えない。
手を抜くことを覚えなければいけない。確率として、その方が高いからだ。10ある力を90分間、まんべんなく使うことなんかできない。どこかで手を抜かなければ、途中で息切れしてしまうし、ここぞという時に力を出せない。
今回、前半の失点は痛かったが、そこを防いでも、先取点を取っても、後半、追いつかれたかもしれない。しかし、そこで先手を取って、カウンター狙いで守備重視で試合を進めていけば勝てただろう。その術を知らない。

シャムスカ越えは、今の大分にとっては、1勝以上の価値がある。極端なことを言えば、今シーズンの勢いを決める戦いになるし、シャムスカ待望論を封印することもできる。

大分にとって、シャムスカという名前は、老若男女全ての人々に知られ、愛され、尊敬されている存在である。鹿島にとってのジーコ、名古屋にとってのストイコビッチに似たものがある。ある意味それ以上の存在でもある。
サッカー記者が思っている程度の想いではないのだよ。それはシャムスカにおいても同じ想いであることがわかって感動した。

今度、大分で磐田戦がある時は、万難を排し、シャムスカに会いに行きたいね。そして、お互いに感謝の気持ちを交換したい。そして、その時は、清く、正しいだけのサッカーではなく、強くなった大分トリニータを見せてほしい。勝ってシャムスカ越えを達成してほしい。

大分は前半戦は5位~8位でいい。後半戦で3位~5位を狙えるチームになってほしい。それができると信じたい。可能性は秘めている。
[PR]
by worsyu | 2014-05-14 11:59 | サッカー | Comments(0)
<< さらなるレベルアップを望む 落語協会次期会長 >>