さらなるレベルアップを望む

横浜FC戦。

ダイビングヘッドの風間、きれいなループを描いたクロスを上げた西、見事でした。きれいなゴールだった。
でも、ジョンハンはいただけない。俺が俺がオーラが出過ぎて空回り。2回の決定機をいずれも逃してしまった。信じられない。

本来なら3-0でもおかしくないゲーム。
武田のおかげで失点を免れたが、こんな楽勝の戦いできわどく1点差でしか勝てないとは・・・
勝つには勝ったが、物足りなさを感じた。
磐田戦で結構やれたことが自信になっている。それを確かなものにつなげるために、追加点で突き放すことができなければ、上位を脅かす位置までにはたどり着けない。

可能性は見えるのだが、いつ、その牙を見ることができるのか?研いでばかりで終わらないだろうな。来年になったら、又、ごっそりメンバーが変わり、初めっから作り直しとなれば、そして、その繰り返しだったら、と思うとぞっとする。

勝ち方を知らなければ、という意味は、試合をコントロールして、流れに乗って、無駄な力を使わず、ストロングポイントで優位に立ち、勝つことだ。

攻めになった時の中盤のタレントはかなり層が厚くなってきたので、見ていて楽しいサッカーができるようになってきた。松本怜、松本昌也、木村、伊藤、為田、風間・・・成長していくのがわかるので、これにFWがどう絡むか?そして、両サイド-岩武、西、ジョンハン、安川、そして、坂井も見てみたい。レンタルで新潟に行っている松原は戻ってくる場所があるのか?というくらい戦力が充実してくれば・・・
問題はFWとDFだろうが・・・・・

現体制で、ぜひともJ1に復帰してほしい。そのためにも、2点目、3点目が取れるようになって欲しい。
今はまだ、不気味なチーム止まりだ。滑り込み3位えはなく、堂々と3位かもしくは、2位を勝ちとる気概で戦ってほしい。

あっつ、それから、無駄なイエローはやめよう。つまらん。意図的な汚いイエローはもうたくさんだ。鹿島のサッカーを見ていても、相変わらず汚い。それが文化だと言わんばかりに堂々とやっている。鹿島では汚いプレイは市民権を得ているようだ。

日本のサッカーは違う。大分のサッカーは違うということを実践してほしい。

審判に対してはリスペクトすること。判定に必要以上にクレームをつけることはやめてほしい。それは監督もそうだ。

がまんしよう。そこから何かが変わってくるよ。
[PR]
by worsyu | 2014-05-19 10:56 | サッカー | Comments(0)
<< ネギトロ丼 シャムスカに逢いたい >>