トリ4位。サッシー2位。

まずは岐阜戦。
後半からバテバテの岐阜。早く1点入れろ的展開に。レジェンドチームは夏場に弱い。磐田も同じ匂いがした。
風間が受けた時で決まったか。隙が出たね。決まるべきして決まった瞬間。本当はもっと決めるべきポイントはあったと思うが、岐阜も上手い。かわされた。
これで4位。とはいえ、上位3チームとは点差が開いている。でも、夏場にかけて躍進してけば、走り勝つ。みんなの力で。そうすれば、磐田越えができるかもしれない。
武田の落ちついたプレイには安心感がある。失点しても、仕方ないかなとも思えるくらいだ。


指原V2ならず。
やはり、残念ではある。単純に大島票が流れたか、と思う。まるで政治の世界のようだが。
もう、いいのではないか?という気もする。V2にならなかったことで、逆に権威がなくなったと言っていい。そこにこだわることに意味が薄くなったと言える。

指原は史上最強、前代未聞のアイドルだった。
しかし、もう、媚を売る必要はない。アイドルにこだわる必要も感じていないのではないか?
次のステージに上がってほしい。小説でもいいかもしれない。何かを作り出す仕事を見つけることだ。無理しなくて、遊びながら楽しくできることを見つけて。
これからはそれができる。
私は、指原のMC力にも期待している。
自分が面白いことをやっていかなければダメ。やらされている感が出てしまったら、指原も終わりだ。どこまでもわがままを通して、面白いことを追いかけてほしい。
実質は、AKB(HKT)引退(脱退)が本人のためには一番いいと思う。

昔の浮世絵で花魁が手紙を読んでいる絵があるのを見て、ヨーロッパ人は驚いたと言う。識字率が高すぎるというわけだ。

指原女史も早く、皇女になる覚悟を決めて欲しい。
[PR]
by worsyu | 2014-06-09 14:45 | 地域ネタ | Comments(0)
<< OITAをユーロに 愛媛との友情 >>