「ほっ」と。キャンペーン

西村氏の限界

いよいよW杯が始まった。オープニングマッチはブラジルVSクロアチアだ。
そして、審判団は日本人スタッフ。どういうジャッジをするのか、期待と不安で見た人も多かったと思う。

問題のイエロー及びPK判定のシーンだが、瞬時に判断したわけで、情状酌量の余地はあるとはいえ、あれは流していい場面だろう。
仮に手が肩に掛っていたとしても、倒れるまでのものではない。
倒れる技術が半端じゃない。問題は重心の移動だ。左足をあげて右足を前に滑らせている。つまり、空中に身を投げ出してその場で寝転んでいるだけだ。

しかしながら、これが誤審かというと、そうでもない。残念なジャッジだったと言うことなのだ。

日本人は信用できる。ワイロや買収には関係ないだろう。公平なジャッジをするはずだ。
確かに公平ではあったと思う。しかし、未熟だった、ということか。少なくとも、西村氏は、ブラジルとクロアチアのそれぞれの選手の試合での行動や癖を事前に勉強していたのだろうか?
日本のJリーグではよくある場面だが、世界のステージではこれは流すところだろう。
なぜか、なぜ、彼は笛を吹いたのか?

それは、性善説に立っているからだろう。
試合前にフェアプレイで行きましょうと私はお互いのキャプテンに警告した。

わざと倒れるはずがない。何らかの力が働いて倒れたのだ。それに相当する行為があったのか。あった。

しかし、実際は、ブラジル側もクロアチア側も顔では相手をリスペクトしているようで、それはポーズに過ぎない。騙す行為は当たり前。自分の身を守るためには、やれることは何でもする。
お国柄と言えばそれまでだが、貧富の差が激しく、宗教対立、民族主義による差別が横行し、殺人事件が日常茶飯事で起きる国である。生きるため、生き残るためにサッカーをやっている国だ。
そのあたり、日本人のサッカーに対する考え方とはまるで違う。

幸い、オープニングマッチということ。お祭り騒ぎの中での試合だったので、多少は許されるだろう。
しかしながら、西村氏のW杯はこれで終わったに等しい。もし、2回目があっても、その時はブラジルの観客からは失笑で迎えられるだろう。

前回大会、同氏はブラジル人選手に退場を命じた。これで、名を挙げたのに、今度は、逆に庇うかのごときひいきとも思われる判断を示した。
これで彼の名声は地に落ちた。
流して、起きろというジェスチャーをした方が、彼の名声はさらに上がったことだろう。残念である。
同時に日本人に対する評価も落ちたし、何よりも、日本サッカー協会の受けた評価は厳しいものになるだろう。

昔、西村氏は、大分で、浦和戦を裁いた。その時、あの、山田暢久のシミュレーションを見事に見破った。あの熱狂の中でとにかく西村氏は目立っていた。勇気なのか蛮勇なのか?わかっているのか、それとも、まるでわかっていないのか?自分自身を信じて突き進む。それは見事であった。

以前から私は何度も言っていると思うが、日本人の笛は厳しすぎる。蹴鞠をやっているわけではない。接触プレイの裁き方が厳しい。下手。

これは文化の問題。喧嘩が起きる。どちらかが悪く、どちらかが良い。いや、両方悪い。和をもって尊しと為す。納得できないよね。

結局、罪を償うべき人間であるか否かの判断になる。罪を犯せば罰を受ける。それでは、今回のクロアチアの選手はその罰を負うほど悪い罪を犯したのかということになるのだ。これが世界(キリスト教的)の一般的な考え方なのだ。
ブラジルも同じだ。クロアチアの選手に同情しているだろう。
「彼はそれほど悪いことをしていないよ。悪いのは無知な日本人だ。騙すほうが悪いんじゃない。だまされる方が悪いんだ。」

彼の眼もいつの間にか曇ってしまったのだろうか?というよりも、これが彼の限界であったということなのだろう。世界をもっと知るべきだった。彼はここまでだ。

まあ、もっとひどい審判が出てくれば、西村氏も救われるだろうか?・・・

日本のサッカー、フェアプレイをすることが大前提となるサッカーは素晴らしと思う。しかし、世界の大勢(キリスト教)はむしろその逆だろう。そうした中でいかにバランスをとるか。
西村氏のようなJリーグの笛が横行したら、こうしたシミュレーションは逆にはびこっていく。世界は絶対に受け入れられないだろう。彼は逆の判断をしたわけだから、世界中のサッカーファンから叩かれて当然だ。


少なくとも、大分トリニータは清く、正しいサッカーを目指してほしい。
今回の事件でその想いをさらに強く持った。

日本はやはり特異な国であったということだ。

(サッカーで世界一になるということの意味は、キリスト教を凌駕するということでもある。そんなことはあり得るだろうか?
キリスト教の中での正義であり、日本の正義が理解され、尊重され、むしろ、その頂点に立つなんてことが実現するだろうか?

これは宗教戦争でもあるのだよ。日本人は誰も理解していないと思うけどね。

そこで女子は世界一になったのだよ。異教徒が頂点に立ったのだ。

男子はありうるだろうか・・・・・チャレンジする意義は大きいね。)
[PR]
by worsyu | 2014-06-13 14:27 | サッカー | Comments(0)
<< 化けの皮が剥がれた OITAをユーロに >>